芸能界で新型コロナウイルスに感染する事例が相次いでいる。5月25日に緊急事態宣言が解除されてからは、経済活動を再開させるべく徐々に規制を緩和してきた。各業界が感染防止のガイドラインを設け、それに従って日常を取り戻そうと模索している。芸能界においても、それは同じだ。だが、そのガイドラインでは感染を防げないのか、ガイドラインを遵守していない人がいるのかは定かではないが、感染者が続出している。

 志村けんさんや岡江久美子さんが新型コロナ肺炎によって亡くなった際には各界に大きな衝撃が走ったが、政府の自粛要請に従った結果、芸能界でも感染者は少なくなっていた。その後、感染者が増えても重症者や死者が大きく増えないことで気が緩んだのか、街には人出が戻り、それに伴って感染者はうなぎ上りに増加。プロ野球、Jリーグなどのスポーツ界でも厳しいガイドラインに従って運営されているものの、感染を防ぎきれずにいる。

 芸能界も例に漏れず、俳優、お笑い芸人、歌手、アナウンサーなど、続々と感染が報じられている。俳優の横浜流星、Hey!Say!JUMPの伊野尾慧、AKB48の大家志津香といった若い世代にも感染は広がっており、若者も安穏とはしていられなくなっている。

 そんななか、波紋を広げているのは、“軍団山本”の集団感染だ。お笑い芸人の山本圭壱(極楽とんぼ)を中心とするYouTube「軍団山本チャンネル」が8月8日に生配信を行ったが、その場にいた芸人たちがこぞって新型コロナに感染したのだ。

 生配信のなかで山本がたびたび咳込む様子を見せ、その際にメンバーたちは「コロナではないか」と冗談半分にいじっていたが、後日、山本が実際に新型コロナにかかっていたことが判明。その後、動画配信の場にいた遠藤章造(ココリコ)、庄司智春(品川庄司)、じゃぴょん桑折が相次いで感染したことを発表。その場にいたスタッフ2名も検査の結果、陽性であったと報じられている。

 その生配信された動画は現在、削除されているが、4人が近い距離で机を囲み、飛沫防止シートなどもない状態で会話をしていたことから、対策の甘さを指摘する声が上がっている。庄司らは感染防止の「対策は常にしていた」としながらも、配信当時の対策は甘かったとの認識を示して、関係各所に対して謝罪した。

ロザン宇治原の見識に感嘆する声が続出

 ウイルスはどこに潜むかわからず、自身が感染していてもすぐには気づかないため、知らないうちに広めてしまう可能性は誰にでもある。したがって、感染したことや意図せずに他人にうつしてしまうことが責められるべきではないのは論をまたない。

 だが、今、世界中で新型コロナ対策に神経を削っているなか、影響力のある人物は不用意な姿を見せないように気をつけなければならないだろう。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ