NEW

山下智久、女子高生へ淫行疑惑、条例違反で違法の可能性…「活動自粛で済まない」の声も

文=編集部、協力=山岸純/山岸純法律事務所・弁護士
【この記事のキーワード】

, ,

山下智久、女子高生へ淫行疑惑、条例違反で違法の可能性…「活動自粛で済まない」の声もの画像1
山下智久

 ジャニーズ事務所は17日、所属する俳優の山下智久の芸能活動自粛と、KAT-TUNの亀梨和也への厳重注意を発表した。山下と亀梨は7日付「文春オンライン」で、女子高生と飲酒を共にしたと報じられていた。さらに山下は飲み会のあと、そこに同席していた女子高生とホテルで合流して同じ部屋に宿泊したとも伝えられていた。

 発表コメント内でジャニーズは、未成年との飲酒に至った経緯について次のように説明している。

「この度の報道において未成年とされている方が店内に居合わせたことから、当該飲食店による年齢確認において成人である旨の説明が事前になされた上で紹介されることとなり、さらに両名(編註:山下と亀梨)からもこの紹介された方に対して年齢確認を行っていたことが確認されました」

「今回のような結果を引き起こすこととなった要因の一つとしまして、店内に居合わせた方が積極的に年齢を偽っていたことが挙げられるのではないかと認識しております」

「店内で飲食を共にするに至った方の年齢についてなど、両名ともに払うべき注意を完全に怠っていたとまでは言い切れない」

 事態の発覚から処分発表まで10日を要した理由や、釈明コメントから読み取れる事務所の真意について、テレビ局関係者は語る。

「当初ジャニーズ事務所はこの件について“なかったこと”にして、山下と亀梨を不問にする姿勢でした。その理由は大きく3つです。まず、山下は6月からHuluで世界30の国と地域に配信されているドラマ『THE HEAD』にメインキャストとして出演しており、もし不祥事によって配信に影響が出れば、事務所は大きな損失を被る可能性もあるという点。山下が処分を受けるかたちになってもペナルティー的なものが発生しないことを、Huluをはじめ関係各所に確認するための時間が必要だったとみられます。

 2つ目は、亀梨も主演する映画『事故物件 恐い間取り』の公開が8月に控えているという点。そして3つ目は、山下の“お泊り”に関する部分だけは、お相手が未成年だけに、どうしても認めるわけにはいかなかったという点です。実際、今回事務所が発表したコメントでは飲酒については謝罪しているものの、ホテル宿泊の件については一切触れていません。

 さらにいえば、コメントでは未成年女子について『積極的に年齢を偽っていた』などと強い表現で批判しており、“亀梨と山下は騙された”という姿勢を崩していません」

東京都青少年育成条例

 7日に第一報が報じられてから処分が発表される17日まで、テレビの情報番組やスポーツ紙などの主要メディアは、本件について“無視”を貫いていたが、処分発表翌日になって初めて一斉に報道。なかでも、生放送中にあるコメンテーターが発した“忖度しないコメント”が話題になっている。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ