NEW
杉江弘「機長の目」

航空機、AIによる操縦の検討加速…飛行中はマニュアルにない故障頻発、機長の勘が重要

文=杉江弘/航空評論家、元日本航空機長
【この記事のキーワード】

, ,

 現代のハイテク機のナビはすべてコンピューターとそれを動かす電気系統で作動するもので、電気系統の故障はその固有のトラブルや落雷によっても引き起こされることを考えれば、私が経験したようなナビのトラブルは誰にでも起こりうるものであろう。そうしたときにAIはどのように危機を回避して安全に機をどこかの空港に着陸させることができるのであろうか。AIが操縦して着陸させることは理論的にありうるのかもしれないが、それはナビや計器に大きなトラブルがないことが前提だろう。

すべてをマニュアル化するのは不可能

 以上、2つの例だけを見てもAIを使ったロボットによる操縦はマニュアルの想定外の事態には対応できないとおわかりいただけるだろう。加えて、地上からの遠隔操縦も、すでに実用化されている軍用機のようにシステムを構築すれば技術的に不可能ではないであろうが、例として挙げた想定外のトラブルには対応できないであろう。

 軍用機の場合、仮にトラブルが発生して墜落しても航空機側には人的被害はない。しかし民間機事故の場合はそうはいかないだろう。どんなトラブルが起きても常にどこかに安全に着陸させなければならないのだ。そして車や電車のように地上の乗り物であれば一旦停止させて有効な対処法を考えればいいが、航空機の場合3次元の空間を高速で移動しているので、そのようにもできない。

 例に挙げたような想定外のトラブルの場合、何が起きたか地上ですべて把握できない。地上から常に機を遠隔操作しようとするのであれば、操作する多くの優秀な人材を地上に配置する必要がある。それではコックピットからパイロットを降ろすメリットがなくなってしまうのではないか。

 私の考えでは、AIがパイロットにとって代わるとすれば、トラブルのない通常操作か想定しうる緊急事態にマニュアル化された方法で対応するかたちしかない。そして電気系統のトラブルはすぐに解消されるという保証も必要だ。そうなってくると、AIによる航空機の操縦は、想定外のトラブルが起こった航空機に乗り合わせた乗客には「運が悪かった」と納得してもらうことが条件となるであろう。

 そして機長と副操縦士の2人が乗務する現在の航空機でも、メーカーはこれと同様の考えで設計されているのである。つまり、安全とは費用対効果で考えられ、トラブルが想定できていても、すべてに対応したマニュアルがつくられているわけではないのである。

 大手金融機関UBSのアンケートによると、パイロット1人だけの航空機でも「乗ってもかまわない」と答えた人は、全体の13%であったが、パイロットがいなくなった航空機に乗ってもかまわないと答える人は、どのくらいになるのであろうか。聞いてみたいところである。

(文=杉江弘/航空評論家、元日本航空機長)

関連記事