NEW
木村隆志「現代放送のミカタ」

『アンサング・シンデレラ』石原さとみ&薬剤師は本当に“出しゃばりすぎ”なのか?

文=木村隆志/テレビ・ドラマ解説者、コラムニスト
『アンサング・シンデレラ』石原さとみ&薬剤師は本当に出しゃばりすぎなのか?の画像1
アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋 – フジテレビ」より

 多くの作品が新型コロナウイルスの影響を受けた春ドラマの中でも、最も逆風にさらされていたのは『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系)で間違いないだろう。

 第1のつまずきは、コロナ禍で実際の医療現場がドラマをはるかに上回る厳しいものとなってしまったこと。また、それによって病院でのロケが不可能になり、撮影ができなくなってしまった。さらにキャストとスタッフには、「医療ドラマから絶対に感染者を出してはいけない」という強烈なプレッシャーがのしかかる。

 長い撮影中断を経た6月にも悲劇が待っていた。重要な役どころでレギュラー出演予定だった清原翔が脳出血を発症してまさかの緊急降板。成田凌が代役を務め、撮り直しを余儀なくされるなど、まさに放送前から満身創痍の状況だった。

 しかし、何とか7月16日に約3カ月遅れでスタートした『アンサング・シンデレラ』の世帯視聴率は、近年の『木曜劇場』作品を大きく上回る10%前後を記録。同ドラマ枠としては決して悪くない数字であり、各話のエピソードは心温まるものばかりなのだが、なぜかネット上では何かとケチをつけられている。

 その多くは「薬剤師はあんなにいろいろ首を突っ込まない」「石原さとみが出しゃばりすぎて見ていられない」という2つの意見に集約されているが、これらの声は的を射たものなのか? それとも不当な批判なのか?

現役薬剤師たちはどう思っているのか

 まず「薬剤師はあんなにいろいろ首を突っ込まない」という声について。主人公・葵みどり(石原さとみ)は、キャリア8年目の病院薬剤師で「患者の心に寄り添おうとするあまり、ついつい深入りして時間をかけてしまう」というキャラクターとして描かれている。

 確かに第1話から、みどりが患者の心臓マッサージをしたり、血圧を測ったり、いなくなった患者を探し回ったり、医師に意見するなど、八面六臂の大活躍。のちに薬剤部部長の販田聡子(真矢ミキ)から「ひとりの患者さんに時間かけすぎ」とたしなめられるシーンもあったが、これらはまったくリアリティがないことなのか?

 フジテレビに20代の現役薬剤師から、「丁寧にリアルに描かれていて涙が出ました」「ネットでは『ありえない誇張』といった声が見られますが、まったくそんなことありません」「薬剤師も心臓マッサージはしますし、誤った判断の可能性があれば医師に指摘します」という声が届いていた。

 また、私の知人である薬剤師に話を聞くと、「病院によっては医師や看護師のサポートを求められる薬剤師もいると思う。私も病棟に行くことはあるし、医師に相談することもある」と言っていた。

 もちろんドラマである以上、ドラマチックに見せているところはあるし、みどりの言動に共感できない薬剤師もいるだろう。ただ、これらの声を聞く限り「まったくリアリティがない」は間違った見方ではないか。

現実には大門未知子や半沢直樹はいない

 そもそも「こんな○○○はいない」を薬剤師だけに当てはめようとするのはアンフェアだ。ならば、『ドクターX ~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)のような医師や、『相棒』(同)のような刑事はいるのか?

『話しかけなくていい! 会話術』 「話がうまい人」になる必要はない。無言でも、ひと言でも、人に好かれるための画期的コミュニケーション術! amazon_associate_logo.jpg
『嵐の愛され力~幸せな人生をつかむ36のポイント~』 嵐に学ぶ人から好かれる、人を好きになれる人間力の磨き方。明日から使える36個の“○○力”。年齢・性別を問わずマスターできる。 amazon_associate_logo.jpg

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ