登録者60万人超!白石麻衣、異次元のYouTubeデビュー…高山一実の生足にファン釘づけの画像1
「my channel【白石麻衣 公式】」より

 乃木坂46の白石麻衣が20日、YouTubeデビューを果たした。自身の誕生日でもあるこの日、「my channel【白石麻衣公式】」で生配信を行い、ファンにアピール。18日にYouTubeチャンネルの開設を発表すると、たちまち登録者が殺到し、前日までに約40万人が登録。しかも、生配信中に同時視聴した人は約25万人に達した。一夜明けて21日の昼までに再生回数は300万回、登録者は60万人という異次元のレベルの記録を達成し、人気の高さを見せつけた。

 予定より約20分遅れで始まったものの、アクセスが殺到したためか、回線が途切れ途切れになるハプニング。その後も音声の状態が悪く、先行きが心配された。だが、ファンは忍耐強く見守り続け、白石の誕生日を祝った。

 白石が自身の誕生日を祝い、ケーキをつくり始めると、乃木坂メンバーの高山一実と松村沙友理がゲストとして登場。ゲストについて告知していなかっただけに、

「美人トップ3が同時に見られるなんて最高!」

「なぜHK3なんだ!日村さんも呼んだほうがいい」

などとファンから歓喜の声が飛び出した。

 ちなみに、HK3とは「日村嫌いスリー」のことで、お笑い芸人の日村勇紀(バナナマン)のことを嫌いと公言する3人組だ。

 高山と松村がプレゼントを白石に渡したり、3人でケーキを食べつつ、和気あいあいと雑談をする様子が配信されたが、そのなかで特に高山の“生足”が注目された。短いスカートから覗く白い美脚にファンの視線は釘づけにされたようで、「かずみんの脚が気になって仕方ない」「話が入ってこない」といったコメントが続出した。そんなファンの反応に気づいたのか、高山は途中からクッションを足元に抱えたが、最後まで高山の脚に反応するファンが相次いだ。

 また、白石は配信の終盤、自身の卒業ライブを10月28日にオンライン配信にて行うと発表。白石は今年1月、乃木坂からの卒業を発表し、5月に東京ドームで卒業ライブを行う予定だった。しかし、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて卒業ライブは延期になったままだった。白石は、最後はファンの前でライブをしたかったと苦渋の決断であることを吐露。それでも、「配信だからこそできることもあるし、今までの卒業ライブとはちょっと違う形になるかなとは思うけど、見てくださる皆さんのことを第一に考えて、皆さんがより楽しく、よかったなと思えるライブをつくっていこうと思っています」と決意を述べた。

 白石は今後、YouTubeでいろんな人とコラボしたり、ゲーム実況などもやりたいと抱負を述べつつ、すでにいくつかの動画も準備していると明かした。最近は芸能人がたて続けにYouTubeに参入しているが、白石はさまざまな記録を塗り替えていく可能性がある。

(文=編集部)

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ