Zeebra不倫、前妻との連れ子を結婚前から世話した妻を裏切り…娘はNiziUリマの画像1
Zeebraの公式Twitterより

 25日付「SmartFLASH」記事は、人気ラッパーZeebraの不倫旅行を報じている。Zeebraは同日、自身のTwitter上で「自分の不甲斐ない行いにより大切な家族を傷つけてしまった事を、深く反省しております」と投稿し、謝罪している。

「Zeebraは日本語ラップの草分け的存在で、いわば日本ラップ界のカリスマ。Dragon Ashなど多くの人気ミュージシャンに大きな影響を与えたことでも知られています。また、最近では人気テレビ番組『フリースタイルダンジョン』(テレビ朝日系/今年6月に終了)の仕掛け人としてのイメージも強いですね」(週刊誌記者)

 Zeebraは現妻でモデルの中林美和と2002年に結婚したが、“普通の結婚”とは少し様相が違っていたという。

「Zeebraが中林と出会ったとき、すでに前妻との間に授かった2人の息子がおり、Zeebraが親権を持って育てていました。Zeebraはライブなどで地方遠征も多く多忙だったため、自宅は荒れ放題で、中林は結婚前からZeebraの自宅を掃除したり子どもたちの食事の世話をしたりと、文字通り“母親代わり”として奔走していたことを、中林は明かしています。結婚後は2人の娘をもうけて、中林は4人の子どもの世話に追われていましたが、息子2人はすでに成人。長男は数年前に結婚していますが、結婚式では長男が中林への感謝のメッセージを読み上げ、中林は涙を流したといいます。

 そんな中林をZeebraは不倫というかたちで裏切ったわけですから、その非情さには呆れますよね」(同)

妻・中林の悲痛な叫び

 Zeebraによる中林への仕打ちが表面化したのは、今回が初めてではない。2016年に中林はTwitter上に突如、次のように投稿。中林がZeebraから“モラハラ被害”を受けているとして取り沙汰された。

「大事な仕事の会食に子供のことをお願いしてもイライラされる。ママは毎日子供のお世話しているのにね。ディスリスペクトだ」

「どんなに夫が忙しくて毎日遅く帰って来なくても、お疲れさまーって思うし、寝る時間なくて大変だなあ、かわいそうだなあって思うから何も言わないのに、私には少しの事で自分を恥じろって言うんだ。そんなことって、悲しすぎる」

「自分を恥じた方がいいと言われたり、洗い物をしている私のところに来て無言で仁王立ちされたり、この悔しさは消えることはない」

 だがその後、夫婦の不仲が伝えられることもなく、順調にみえていたなかでの今回の不倫報道となったわけだが、別の週刊誌記者はいう。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ