ポカリスエット、意外と知らない正しい飲み方…水で薄める、エナジードリンクと混合はNGの画像1
大塚製薬・ポカリスエット公式サイトより

 大塚製薬が運営する「ポカリスエット」公式サイトのFAQページの内容が話題になっている。その内容は、「ポカリスエットを水で薄めてもいいか」という質問に対し「水で薄めてしまうと、水分とイオン(電解質)のスムーズな吸収が損なわれてしまうのでおすすめしておりません」というものである。大塚製薬の回答の通り、ポカリスエットなどのスポーツドリンクは、水で薄めると吸収されにくくなる。

 多量の汗をかくと、体液中に含まれるナトリウムやカリウムなどの電解質も汗とともに失われ、本来、体が持っている調整機能が破綻し、熱中症になる恐れがある。熱中症が進むと体温上昇、めまい、倦怠感、けいれん、意識障害などを起こし、さらに悪化すると死を招く危険もある。

 熱中症予防には、こまめな水分補給が重要だが、熱中症が疑われる時には真水では失った電解質を補うことができず、電解質を含むスポーツドリンクなどが適している。話題になっている「ポカリスエットを水で薄めてはいけない」というのは、水で薄めることによって電解質が少なくなり吸収率が低下し、効率良い水分補給ができなくなるからだ。

 しかしながらスポーツドリンクは糖分も多く含んでいるため、飲み過ぎには注意が必要だ。実は、熱中症や病的脱水時には、スポーツドリンクよりも経口補水液が適しているといえる。

スポーツドリンクと経口補水液の違い

 大塚製薬といえば、経口補水液「OS-1」を製造販売していることでも知られているが、OS-1の製品ページでは、スポーツドリンクとの比較について触れている。下の表はOS-1のページから抜粋したものであるが、ナトリウム、カリウム、クロールといった電解質についてスポーツドリンクよりも経口補水液のほうが高いことがわかる。一方の糖(ブドウ糖)については、スポーツドリンクのほうが約2~4倍近く高い。スポーツドリンクの糖分が高いのは、運動によって消費された筋肉のグリコーゲンを回復するためなどの目的がある。水分補給にも目的にあった水分補給をすることが大切である。

ポカリスエット、意外と知らない正しい飲み方…水で薄める、エナジードリンクと混合はNGの画像2
大塚製薬工場「経口補水液OS-1」公式サイトより

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ