JRA小倉2歳ステークス、万馬券確率9割の衝撃!夏競馬最後の一攫千金、絶好のチャンス!の画像1
今週末は、波乱必至の小倉2歳ステークス

 新型コロナウイルスの影響で例年よりも短く感じた「夏」も、間もなく終わる。この夏は花火大会もなく、例年大きな盛り上がりを見せていた祭りもなく、寂しい夏だった。しかし、コロナウイルスの感染防止を考慮すればやむを得ないといったところ。

 エンターテインメントも、恒例の野外音楽フェス「フジロック・フェスティバル(FUJI ROCK FESTIVAL)」の中止、スポーツもプロ野球やJリーグは上限5000人の観客入場規制が続いており、我慢のしどころといった感じだ。

 そして驚きの波乱が続いた夏競馬も、いよいよ最終週。今年の日本中央競馬会(JRA)夏競馬は、東京オリンピックの影響で小倉開催が通常よりも短く、またコロナウイルスの影響で無観客開催が続くなど、異例尽くし。来週からは秋競馬が開幕するが、この最終週をキッチリ的中させて秋シーズンに挑みたいものだ。物足りない夏を過ごしていた人にとっても、最後の最後でスカッとするチャンスともいえよう。

 その夏競馬を締めくくる重賞レースは、新潟記念・札幌2歳ステークス・小倉2歳ステークスのトリプル重賞。このなかで特に注目したいのは、小倉2歳ステークスだ。

 このレースは今年デビューした2歳馬が集結し、夏の九州最強2歳馬を決める一戦。過去10年で9回万馬券となり、2018年には3連単・62万7690円という特大万馬券が飛び出したレースでもある。

 今年は前述したように小倉開催が通用より短いこともあり、出走馬の状況が過去とは違う。そのため、過去のデータや傾向は参考にならない部分が多く、重要なのはより正確な現地からの情報と関係者の思惑を把握することといえよう。

 実際にこの夏、小倉で行われた重賞レースは、小倉記念が10番人気アールスターの勝利で3連単・137万4190円、北九州記念は8番人気レッドアンシェルが勝利して9万3990円という万馬券となっている。やはり今年の小倉は荒れる傾向にあり、この小倉2歳ステークスも波乱の雰囲気が漂っている状況だ。

JRA小倉2歳ステークス、万馬券確率9割の衝撃!夏競馬最後の一攫千金、絶好のチャンス!の画像2
波乱の夏競馬で一獲千金狙いも一興

 そこでこの小倉2歳ステークスの的中に破格の自信を見せている、競馬情報のプロフェッショナル集団である「シンクタンク」に注目した。このシンクタンクは競馬界を代表する競馬関係者が集結。その情報力は業界屈指と言っても過言ではなく、実際に夏競馬は51本の万馬券を的中させているほど(8月23日現在)。なかでも2歳戦は特に自信があるようで、6月の新馬戦では13万8540円という10万馬券を的中させているのだ。

 さらに小倉2歳ステークスは昨年に1万7400円の万馬券を的中、それ以前にも万馬券を仕留めるなど相性がいい。そして今年に関してもかなりの自信を見せており、以下のように語っている。

「今月サイトがリニューアルしましたが、これに伴い、情報ルートの見直し、再編成を行いました。従来の重賞メイン特捜部に加え、美浦の情報を網羅する境軍団【SAKURA】、西の馬券師集団、馬主情報特捜班、牧場関係者集団【スタリオン】と、各ジャンルに特化して、より密度の濃い、精度の高い情報をお伝えできる態勢が整いました

 実際、リニューアル初週(8月22~23日)には、万馬券7本の的中ラッシュを実現。シンクタンクが持つ業界最高峰の情報網がよりパワーアップしたことを証明したといえるでしょう。

 さて注目の小倉2歳ステークスですが、キャリアの浅い2歳馬は必然的に参考にできるデータが少ないため、関係者の間でも馬券的中を掴むには“情報が命”とも言われています。

 ひと言に情報と言ってもさまざまで、調教師、騎手、助手、馬主といったトレセン内の関係者はもちろん、馬主、牧場など、マスコミの取材が及ばないトレセン外の情報も重要です。

 今は外厩、育成場の存在が大きくなっており、そこから入手できる情報は非常に貴重です。2歳戦であれば、育成場の評判はかなり重要なファクターとなってきます。

 6月の2歳戦で的中させた13万馬券は、こういった情報を徹底的にチェックしてのもの。今回の小倉2歳ステークスも、内部と外部の情報を徹底的にチェックし、完全な分析ができているのでご安心ください。

 過去に何度も万馬券的中をお伝えしている小倉2歳ステークスですが、今年も同様か、それ以上の的中も掴めると見込んでいます。

 なお、今週の小倉2歳ステークスは夏競馬最後の獲りドコロでもありますので、特別に競馬ファンの皆様へ関係者情報はもちろん、馬券候補となる『情報馬5選』を公開します。また、同じ週に行われる札幌2歳ステークスと新潟記念の情報も、合わせて無料で公開します。

 ぜひシンクタンクの情報を活用して夏を締めくくり、来週以降の秋競馬に備えてください」

 体制の刷新でパワーアップしたシンクタンクは、コメントにあるようにかなり核心に迫った情報を入手し、的中に自信を見せている。しかも彼らは、この小倉2歳ステークスだけでなく札幌2歳ステークスや新潟記念について入手した核心の勝負情報も無料で公開してくれるというのだ。

JRA小倉2歳ステークス、万馬券確率9割の衝撃!夏競馬最後の一攫千金、絶好のチャンス!の画像3
シンクタンクの平井雄二元JRA調教師

 このシンクタンクは創業25年の歴史を持つ老舗中の老舗といえる存在で、その存在感はまさにレジェンド級。所属するメンバーを見ても、ハイセイコーでお馴染みの増沢末夫元JRA調教師、マルゼンスキーの中野渡清一元JRA調教師、安田富男元JRA騎手、境征勝元JRA調教師、平井雄二元JRA調教師など、現役関係者の大先輩にあたる人物が数多く情報ルートとして在籍している。これほどのレジェンドが揃えば、ありとあらゆる情報が集まるのも当然といえよう。

 そんなシンクタンクが提供する、小倉2歳ステークスを含めた今週の無料情報は必見。夏を締めくくる臨時収入獲得のチャンスと言って間違いなく、それを成し遂げた暁には最高の思い出となるはずだ。

 前述したようにシンクタンクはこの夏、公式サイトをリニューアルし、さらに使いやすく便利になった。この小倉2歳ステークス情報以外にも注目の無料コンテンツが揃っており、まさに必見。加えて秋競馬には元JRA騎手がシンクタンクに正式に新加入するとのことで、そちらも注目したい。

(文=編集部)

CLICK→【無料公開!小倉2歳ステークスを含む「情報馬5選」】シンクタンク

※本稿はPR記事です。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ