NEW
小笠原泰「日本は大丈夫か?」

「やってる感」至上主義の安倍政権を支える地方の有権者たち…反エリート主義と真逆の日本

文=小笠原泰/明治大学国際日本学部教授
「やってる感」至上主義の安倍政権を支える地方の有権者たち…反エリート主義と真逆の日本の画像1
首相官邸のインスタグラムより

 米民主党はウェブ開催となった全国大会で、8月18日にジョー・バイデン前副大統領を民主党の大統領候補に正式指名し、翌19日にカマラ・ハリス上院議員を副大統領候補に正式指名した。アメリカ史上、女性の副大統領候補は3人目であるが、黒人女性を副大統領候補に起用するのは初めてである。ハリス氏は、ジャマイカ系の父親とインド系の母親を持ち、出生地はアメリカ。

 先立つ11日に民主党の大統領候補に内定したバイデン氏が「副大統領候補にハリス氏を選んだ」と発表して以来、メディアで大きな話題となっているが、今回の大統領選挙で民主党の副大統領候補が女性になることは既定路線であった。今回の大統領選挙は、アメリカが今後も社会を分断して国際協調を放棄し、企業に指図する偏狭な国家強権主義的でアブノーマルな道を進むのか、トランプ以前の中道的でノーマルな道に戻るのかを選択する選挙であろう。これは、バイデン候補が「Build back better」を選挙スローガンに掲げていることからも十分にうかがえる。

 この観点からみて、サンダース氏とも近い急進左派であるエリザベス・ウォーレン上院議員を副大統領候補にする選択肢はなかった。また、大統領候補戦から撤退したエイミー・クロブシャー上院議員が6月21日に、副大統領候補の辞退を表明し、白人でない女性を選ぶべきだとの考えを示したことで、黒人女性という流れが敷かれたといえる。

 その流れのなかで、副大統領候補戦はハリス上院議員と、オバマ政権下で国家安全保障問題担当大統領補佐官を務めたスーザン・ライス氏のマッチレースの様相であった。その結果、両氏とも穏健派(中道左派寄り)であるが、バイデン氏はハリス氏を副大統領候補に指名したわけである。

 同じ黒人のライス氏でなくハリス氏を選んだ理由として、まずは両氏の軸足の違いがあげられる。大統領選においては内政、今回は特に新型コロナウイルスへの対応と経済という内政への関心が高く、それを重要視して、外交と国家安全保障を専門とするライス氏よりも、カリフォルニア州検事総長を務め、現在は上院議員で司法改革など社会改革に積極的なハリス氏を選んだという見方である。

 2つ目は、有権者への訴求である。ライス氏の両親はアメリカ生まれの黒人であるが、ハリス氏の両親はジャマイカ人とインド人であり、移民1世である。黒人やラティーノ、AAPI(アジア系・太平洋諸島系)というマイノリティ、非白人の有権者を引き付けることは、民主党の選挙戦にとっては非常に重要である。その意味で、ハリス氏は黒人であり、かつアジア系(インド系)であり、その両方に訴求できる可能性がある。ハリス氏の黒人・アジア系というルーツは、異なる人種を束ねられるという観点でラティーノにも訴求するであろう。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ