『24時間テレビ』SMAP映像カット、ジャニーズが使用不許可か…日テレも忖度かの画像1
日本テレビタワー(「Wikipedia」より)

「社内では今年の『24時間テレビ』は大成功という評価。早々に来年も放送する方向で決まったようです」(日本テレビ関係者)

 毎年夏恒例のテレビ番組『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日テレ系)が22~23日、放送された。平均視聴率(世帯)15.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、最高瞬間視聴率27.6%という数字をマーク。放送中に集めた募金額は5億円を超え、番組終了時点では過去10年で2番目に多い結果となるなど、数字だけをみれば成功のように受け止められるが――。

「昨年と比べて、全枠平均での視聴率も落ちていますが、毎年番組終了直前あたりで記録する最高瞬間視聴率が16%も落ちています。また、募金額も1億円以上下回っており、いかに盛り上がらなかったのかが、わかります」(テレビ局関係者)

 なかでも特に視聴者から疑問が寄せられているのが、22日深夜に放送された、過去の『24時間』に出演したジャニーズタレントたちの“懐かしの映像”をダイジェストでまとめた企画だ。

 この企画では、ジャニーズグループが『24時間』で初めてパーソナリティを務めた際の映像が流されたのだが、25日付「サイゾーウーマン」記事<『24時間テレビ』、「事実を捻じ曲げるな!」と大荒れ――「木村拓哉だけ」編集にSMAPファン衝撃>によれば、ジャニーズグループとしては1995年に初めてパーソナリティに挑んだSMAPが取り上げられず、さらに元SMAPの草なぎ剛と香取慎吾がパーソナリティを務めた2005年放送回の映像では、木村拓哉以外の4人のメンバーが映らないようにカットされていたという。そのため、SMAPの功績を踏みにじる行為だとしてファンから批判があがる事態に発展している。

「タレントの過去の映像を使用する際には所属事務所に事前承諾を得なければなりませんが、今回、日テレは通常の手順としてジャニーズ事務所に企画の主旨の説明と共に、SMAPの映像を使用してよいか確認したところ、事務所サイドが難色を示したようです。

 今回の『24時間』では、ジャニーズからメインパーソナリティーとして計5グループから5人のメンバーを出してもらい、過去映像の利用も許可してもらうなど全面協力を得て、例年通りジャニーズ色が強い内容となりました。それだけに日テレサイドとしても、SMAPの映像だけが流れないというのは明らかに不自然だとわかっていながら、あっさり引き下がったようです。ある意味で自主規制というか忖度ですよね。一方、事務所サイドも、SMAPの映像が出ることで独立・解散騒動のゴタゴタしたイメージが蒸し返され、ミソを付けられるのを嫌がったのでしょう。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ