三越・映画福袋購入『メグ♡ライオン』主演女性が語る「私が500万円出した真意」とはの画像1
『メグ♡ライオン』主演の長谷摩美さん(左)と河崎実監督

 映画業界でも異例の一般女性出資・主演による注目作が9月4日、ついに公開される。『いかレスラー』『三大怪獣グルメ』など数々の特撮コメディ映画を手掛けた河崎実監督がメガホンをとった『メグ♡ライオン』(配給TOCANA)だ。事の発端は昨年末に売り出された日本橋三越本店の2019年新春福袋企画として450万円(税込500万円)で販売された「あなたをSFコメディ映画の主役に!」だった。そんな福袋企画を手にしたのが、今回主演女優を務める長谷摩美さんだ。

 作品は「50代の“さえないOL”獅戸めぐの前に、ある日、空から全裸のイケメン・ジョナサンが現れる。めぐは、彼から『あなたはキングライオン星の王女であり、銀河連邦100億個の星の王家の娘なのです』と打ち明けられ、口づけによって美女に大変身。しかし、彼女の秘密の力を手に入れようと、ウルトラタイガー星人の魔の手が迫ってくる」というもの。

 長谷さんのほか、マジカル・パンチラインの浅野杏奈さんを、めぐの正体であるキングライオン星の王女役、ワイドショー番組『5時に夢中!』で知られるジョナサン・シガー氏に王女を愛する勇者役としてそれぞれキャスティングし、岩井志麻子さん、特撮ドラマ「ウルトラマンレオ」の真夏竜氏が脇を固めた。

 素人であればしり込みしそうな俳優陣だ。加えて500万円という金額は業界としては低予算であるものの、一般的になかなかポンと出せる金額ではない。そもそも主演の長谷さんはいったいどんな人物なのか。また、どんな思いでこの福袋を手にし、映画に出演することになったのか。

 長谷さんと河崎監督に事の経緯と、新型コロナウイルス感染症に伴い、自粛と節制の暗い空気が覆いつつある日本全国の人々へのメッセージを聞いた。

500万円は「推しアイドル」への貯金、出演するつもりなかった

<長谷さん、河崎監督インタビュー>

――そもそもどのような経緯でこの映画企画を購入し、主演しようとお考えになられたんですか?

長谷摩美氏(以下、長谷) 当初は自分が出演する気はなかったんです。私、実はアイドルが好きなんです。ある日、テレビで見たアイドルの娘が秋葉原で会えるアイドル(編注:AKBではない)だったんです。そして秋葉原にいって彼女に会ったら、すごい良い娘だったのでずっと応援していてんです。ところが、そのアイドルグループの運営が使えない運営だったもので、彼女は辞めてしまったんです。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ