――いろんなタイミングがかみ合って、三越さんの福袋をゲットすることになったわけですね。そしてさらにいろいろあって、ご自身が出演することになったと?

長谷 福袋を手に入れてから、彼女に連絡しようとしました。まず監督に許可をとらなくてはいけないなと思い、顔合わせの時に監督に相談しようと思いました。

 そしたら監督が「相手役とか誰でも言って良いんですよ!」と。ただ自分が出るとは思っていなかったから、相手役のことはまったく考えていませんでした。とりあえず彼女を出してくださいというのしかありませんでした。一方で、これはワンチャンいってみるか、と思って「ジャニーズいいですか?」って聞いたら「はい、それはダメです!」と。あんなに、誰でも良いって言っていたのに……。

河崎実監督(以下、河崎) それは常識で考えてください。俺がジャニーズを撮るわけがないじゃないですか!

長谷 相手役はさておき、元アイドルグループのキャストの子だったら彼女に連絡が取れるかもしれないと思い、まず彼女のインスタグラムに出演打診のダイレクトメッセージを送り、それを見るように連絡してもらいました。そうしたら彼女から連絡がきたんです。

「今は会社で働いています。正社員でがんばっています。辞めた後もいろいろ考えてくれて、ありがとう。すごいうれしいです。でも、今は会社のために資格を取っています。これからの人生や自分を採用してくれた会社のことを考えたら、やっぱり今回はお断りします。でも本当にありがとう」

 そんな返事がきました。私が思っていた通りの良い娘だったです。

河崎 このヤクザな業界にいるような娘じゃなかった。もしその時、その子がOKしていたら主演になっていました。

長谷 もし私が無理強いをして出演させたら、私がその娘の人生を変えてしまいます。そんな権利は私にはありません。しっかり、考えてくれて本当に良かったなと思いました。それだけで福袋を買った甲斐がありました。彼女にはぜひ、完成した映画を見てみらいたいと思っています。

素人とは思えない好演も「お世辞ではないかと疑っていた」

――長谷さんは素人とは思えないしっかりした演技をされています。

河崎 びっくりしました。演技はいきなり演技指導してうまくなるものじゃありません。俳優や役者はもともとの技術ができている上に、現場で演技指導をします。

 今回はこういう企画なので、素人が来るわけだから棒読みを想定していました。その方が笑えます。ところが、長谷さんは上手かった。

――長谷さんは演劇の経験などがあるのですか?

長谷 中学校の時に演劇部にいたくらいです。文化祭で劇をやったのですが、緊張して2つあったうちのセリフを全部飛ばすくらいひどかったです。

河崎 演技のセンスは天性のセンスです。共演した芸歴40年、「ウルトラマンレオ」の真夏竜さんがびっくりしていましたから。「長谷さんうまいじゃないですか」って。

長谷 その時、私は疑っていました。私が全部出資しているから、みんなお世辞を言っているのだと思っていました。私がへそを曲げたら、この映画は終わるわけじゃないですか。

河崎 「はい撮影中止!」とかね。「長谷様が怒ったから!」って。

長谷 だから、「みんな必死に褒めているんだ」と思っていたんです。

素人出資・主演映画という新しいビジネスモデル

河崎 長い映画の歴史で、出資した人が主演というのはなかなかないんじゃないですかね。史上初だと思いますよ。500万円は映画にしては少額ですが。

――実際、このような形式で製作されてみてどうでしたか?

河崎 いやぁ、笑いましたよ。映画はアニメと違います。アニメはコンテ通りに作りますが、映画はキャスティングによって何が起こるかわかりません。代役もしょっちゅうです。

 そんなハプニング性を楽しむというか。ビジネスもそうだと思います。つまり想定外のことが発生した時にどう対処し、よい物にするのかということです。今回の作品も、キャストも長谷さんじゃなければ、全然違うものができていました。オンリーワンのコンテンツです。

 そういう意味で、豆腐とかコロッケを作るのとはやっぱり違うんですね。料理は良い素材で良いものを作っていれば、お客様が来てくれる。でも、映画は毎回毎回、“変なもの”ができていく。そこにこそ、このコンテンツの面白さがあるんです。

 今回は、ライオンが戦うような特撮がある一方、メグ・ライアンのパクリだというところがキャッチ―だったと思います。そもそも『快傑ライオン丸』(編注:1972~73年、フジテレビ系で放送された戦国時代を舞台にした特撮ヒーロードラマ)をやりたかったんです。それとメグ・ライアンの合わせ技です。ちなみにメグ・ライアンの映画は一本も見ていません。

―――あくまでメグ・ライアンさんが出ているような映画のイメージということでしょうか(笑)

河崎 ラブコメは馬鹿にしていますからね。怪獣でないだろうって。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合

関連記事