てんちむ・かねこあや、元親友が醜悪な訴訟&暴露合戦…大麻使用、豊胸&詐欺広告の画像1
【豊胸無し】と謳っていたてんちむ(「てんちむCH」より)

 かつては互いに“親友”と呼び合い、それぞれのYouTubeチャンネルでも仲睦まじい様子を見せていたユーチューバーの「てんちむ」と「かねこあや」。その2人に昨年10月頃から溝ができはじめ、今年に入ってからはそれぞれのSNSを通じて相手を批判する言葉が増えた。

 諍いが決定的になったのは3月。かねこの愛猫が不審な死を遂げたことをきっかけに、互いに非難の応酬を繰り返して絶縁状態に陥った。その後、かねこはてんちむから絶縁状を受け取ったことを明かしつつ、SNSで虚偽を広められたことなどを理由に訴訟を起こすと宣言。さらに、裁判の場でてんちむの“犯罪行為”を暴露するなどと語っていた。

 その後は裁判への影響を考慮してか、てんちむもかねこもお互いの話題に触れずにいた。事態が動いたのは、8月28日深夜のこと。かねこが自身のYouTubeチャンネルで「絶縁裁判の真相全て」と題する動画を公開。

 騒動の発端となった愛猫の死について、不審死を遂げた時に自宅にいた家政婦が殺害したのではないかとの疑惑の目を向けたことについて、自分は家政婦を「疑ったり責任を追及したりしていない」と否定。てんちむが「家政婦がクロ」だと発言し、追及するように助言したと説明した。

 また、てんちむについて、かねこがてんちむにとって“都合の悪いこと”を多く知りすぎているために、口封じをする目的で絶縁しようとしているとの持論を展開。その例として、てんちむが米国でマリファナを使用していた証拠や、他人のYouTubeチャンネルに不正アクセスして動画を削除したことなどを暴露。

 一方、てんちむは、かねこの動画を受けてSNSで、「真実は違っており、話を捻じ曲げられている」と不快感をあらわにした。そのうえで、それ以上発言しても水掛け論になるとして、法廷の場で事実を明らかにしたいとの意向を示した。

 そして29日深夜、「コレコレ」の生配信中にてんちむが出演し、かねこの発言について言及。そこでマリファナの使用について「一度だけ吸ってしまった」と認めた。米ラスベガスで、タバコが切れた際に、喫煙所で勧められて、たまたま1本吸っただけだと釈明。自分で買ったことも所持したこともないとして、違法性を否定。

 さらに、他人のYouTube動画を削除した件についても、交際相手のチャンネルであって、お互いにアカウントを共有していたので、不正アクセスではないと説明した。

 コレコレの配信のなかでは、かねこが暴露した疑惑のほかにも、てんちむの“豊胸疑惑”が話題にあがった。てんちむは豊胸することなく、サプリやブラによってバストサイズがAからFになったなど商品を紹介してきたことから、豊胸が事実であれば詐欺ではないかとの指摘が出たのだ。

 これに対しててんちむは、豊胸手術を受けたことがあると疑惑を認めた。ステマとの指摘については、豊胸は受けたもののすでに効果がなくなっており、バストのサイズアップはあくまでも自身の努力の成果だと主張し、指摘は当たらないとの見解を示した。

 だが、この説明に納得いかないとする声が多く、「豊胸してないって言ってたことは嘘だったのに、謝罪もせずに変な言い訳するとか、ただの詐欺じゃん」「豊胸の効果が消えて、自身の努力で大きくなったとか見え透いた嘘で逃げようとしている」などと批判が殺到。てんちむは「今回、一部のお話でショックを受けさせてしまった皆様、申し訳ございません。いろんな意見があると思いますが、しっかり受け止めて反省し、前進したいと思います」と謝罪のコメントを出した。

 てんちむは自身の疑惑について釈明しただけでなく、かねこの疑惑も暴露した。かねこはかねて、自身のYouTubeや自著などで、過去に婚約者と死別した悲恋を紹介しているが、その元婚約者が「生きている」と暴露。

 お互いに泥沼の暴露合戦の様相を呈してきている。今後、どのような結末を迎えるのだろうか。

(文=編集部)

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ