【確認中】『半沢直樹』ロスを解消する驚異の激似映画『七つの会議』…香川照之、及川光博ら総出演!の画像1
2020年8月に講談社より刊行された『日曜劇場 半沢直樹 公式ブック』

 2020年に放送された全ドラマのトップとなる高視聴率を稼ぎ、再びブームを巻き起こした堺雅人主演作『半沢直樹』(TBS系)が、○月○日の放送で、いよいよ最終回を迎える。

 前作(2013年放送)からのファンは続編製作まで実に7年も待たされ、さらにコロナ禍で3カ月のお預けを食らうことになった。だが、毎回の怒涛の展開に、“始まってみれば最終回まであっという間だった”と実感している人も多いのではないだろうか。また、そうした視聴者は今後、しばらくの間“半沢ロス”に陥ることになるのだろう。

 ここでは、そんなロスを埋めるのにもっとも適した作品を紹介したい。2019年に公開された『七つの会議』という映画だ。この作品、あらゆる部分で『半沢直樹』とカブりまくっている。しかも、それは安易なパクリや便乗ではない。この2作品は、兄弟姉妹のような関係なのだ。

 ご覧になっている半沢ファンの方も少なくないだろうが、未見の方のために、この『七つの会議』は、どんな点がどのようにカブッているのか、まとめてみよう。

杏、唐沢寿明、阿部寛が主演のポスト半沢作品との相違点

『半沢直樹』の2013年版は、最終回に42.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を稼ぎだすメガヒット作となった。これを受けて、テレビ界ではその後、同作を意識した作品がいくつも放送されている。

 13年版『半沢直樹』終了直後にフジテレビ系でスタートした、堺雅人主演の『リーガルハイ』(第2シリーズ、フジテレビ系)は、『半沢直樹』視聴者の取り込みを狙い、パロディ的なセリフを用意するなどした。

 2014年4月から放送された杏主演『花咲舞が黙ってない』(日本テレビ系)は、原作が『半沢直樹』と同じ池井戸潤の小説であり、舞台は銀行で、主人公は正義感が強いキャラクターという共通点があった。また、登場する銀行名は、「東京第一銀行」という、半沢直樹の勤務先の前身(東京第一銀行と産業中央銀行が合併して東京中央銀行に)と同じなのである。当時の「女性版半沢直樹」との一部報道は、関係者の狙い通りだったのだろう。

 もちろんTBSも、“第2の半沢直樹”を狙った作品を製作している。2014年4月放送開始の唐沢寿明主演『ルーズヴェルト・ゲーム』と、2015年10月放送開始の阿部寛主演『下町ロケット』だ。この2作品は、『半沢直樹』と主要スタッフ、放送枠が同じで、いずれも池井戸潤の小説を原作とした、企業が舞台の群像劇だった。

 視聴率面でも健闘した両作だったが、『半沢直樹』とは根本的な部分で異なっていた。それは、「主人公が上司や権力者の不正を正す物語」ではないという点である。従って、視聴に際しもたらされるカタルシスもまた、『半沢直樹』とは色合いの異なるものだった。

 そこで、本稿のテーマである『七つの会議』である。この映画は、ベースとなる構造までもが、『半沢直樹』と重なっているのだ。

原作、スタッフ、基本構造が『半沢直樹』と重複

 2019年2月に東宝系で公開された『七つの会議』は、池井戸潤の同名小説が原作で、新旧の『半沢直樹』で演出を務めたTBSのディレクター・福澤克雄が監督を務めている。福澤監督こそ、『半沢直樹』独特のあの“時代劇風演出”をつくり上げた人物である。また『七つの会議』の脚本は、『半沢直樹』20年版と同じ丑尾健太郎だ。

『七つの会議』は大企業を舞台とした群像劇であり、親会社と子会社のシビアなパワーバランス、子会社における親会社からの出向社員とプロパー社員との関係、会社に不都合な社員が左遷させられる展開など、『半沢直樹』でも描かれるギミックがいくつも登場する。

 そして何より、『ルーズヴェルト・ゲーム』と『下町ロケット』にはなかった、企業の不正を主人公やその仲間たちが暴いていく……という物語構造上の類似した流れがある。

 堺雅人演じるキレキレの半沢直樹とは違い、主演である野村萬斎が演じる、「東京建電」の営業一課万年係長・八角民夫は一見、ノラリクラリとした人物。しかし、イザとなったときのキレ味は抜群であり、そうしたシーンで野村が見せる芝居は、『半沢直樹』のキャラクターに通じる時代劇風である。

【確認中】『半沢直樹』ロスを解消する驚異の激似映画『七つの会議』…香川照之、及川光博ら総出演!の画像2
2019年に発売された『七つの会議』( TCエンタテインメント)DVDジャケット。“半沢感”がハンパない、豪華な顔ぶれ!

関連記事