NEW

すき家、コロナでも売上“増”の謎…吉野家はダメージ小、松屋は大、明暗分かれた理由

文・取材=及川全体/A4studio
【この記事のキーワード】, ,

デリバリーにキッチンカー…コロナ禍で生き残るために

 最後に新型コロナ感染の終息が見えない今、牛丼チェーンが今後どういった施策を打っていくべきなのか。

「やはりテイクアウト需要に注力すべきですから、今後はテイクアウトでも、より“美味しく食べてもらう”ということにフォーカスを当てる必要があると思いますね。例えばテイクアウト容器に、おうちで何分何秒加熱するといった、美味しく食べるためのコツを記載していくとか、消費期限を記しておくとか、テイクアウトした消費者に情報を正しく伝えて実行してもらうための施策が、今後の成功の鍵になってくるでしょう。

 もちろんデリバリーサービスにも注力していくべきだと思います。まずは到着時に熱々の状態で食べていただけるような仕組みを考えることが大事でしょうね。

 また、いろいろと制約があるのかもしれませんが、牛丼チェーンのキッチンカーというのも新しい試みとしていいのではないでしょうか。客に来ていただくのではなく、客が集まる場所にこちらから出向くというスタイルを確立していくということですね。キッチンカーなら新規店舗をつくるよりも、イニシャルコストもランニングコストも抑えられるでしょう」(重盛氏)

 誰しも想定外だった新型コロナ流行による業績悪化という未曽有の危機を、牛丼御三家は乗り越えていけるのだろうか。牛丼ファンのためにも、今後の巻き返しを期待したい。

(文・取材=及川全体/A4studio)

情報提供はこちら

すき家、コロナでも売上“増”の謎…吉野家はダメージ小、松屋は大、明暗分かれた理由のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

RANKING

17:30更新
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合