武豊、前人未到の記録を更新!JRA小倉2歳ステークスでも注目、万馬券決着の可能性もの画像1
今週末は波乱必至の小倉2歳ステークス

 8月9日、“リビングレジェンド(生きる伝説)”の武豊騎手が日本中央競馬会(JRA)通算4200勝を達成した。まさに偉業である。今年の勝利数で日本人トップである川田将雅騎手は現在34歳で、JRA1496勝。まだまだ一線級の現役である武騎手の記録を抜くには、年間150勝を20年以上続けなければならない計算だ。

 武騎手といえば、野球界のイチローやサッカー界の三浦知良(カズ)のように、競馬界では日本を代表する伝説的な騎手。しかも、いまだ現役としてトップに君臨しており、その技術や勝利への飽くなき探究心は衰える気配がない。すべての騎手にとってライバルであり目標であり、そして決して超えられない壁ともいえるだろう。

 ここまでJRA・地方・海外通算4384勝はJRA所属騎手のなかでも断然の1位。生涯獲得賞金は900億円に迫り、ここまでに本人が手にした収入は50億円を超えると想像される。タレントの佐野量子と結婚し、京都に豪邸を構え、木村拓哉やイチローなど数多くの著名人と交友。まさに競馬界のトップスターなのである。

 今週末は土曜日に北海道の札幌競馬場で騎乗、そしてレース後に飛行機に乗り、日曜は九州の小倉競馬場で騎乗するという恐るべきスケジュール。しかし毎週のようにそういった驚異的日程をこなして結果を出しているのだから、やはりプロ中のプロといえるだろう。

 そんな武騎手の活躍にも期待したいが、やはり競馬は見るだけでなく馬券を当てて楽しむのがいい。自らが購入した馬が全力を尽くし勝利、そして馬券が的中すれば、その興奮と感動は格別なものだからだ。今週末は小倉2歳ステークス、札幌2歳ステークス、新潟記念と3つの重賞レースが行われる。なかでも注目したいのが、小倉2歳ステークスである。

 このレースは毎年荒れるレースとして知られており、過去10年で万馬券は9回発生、100円が62万円に化ける3連単・62万7690円や、15番人気の超人気薄馬の大勝利で3連単・47万2690円が飛び出したこともある。

 しかも、今年の小倉開催は難解なレースが続出。すでに行われた重賞の小倉記念で100万馬券が飛び出すなど、2つの重賞はともに万馬券決着。先週末も、小倉2歳ステークスと同じコースである芝1200mで行われた土日のメインレースは、最低人気馬と8番人気馬が勝利する大波乱。小倉2歳ステークスも、間違いなく難解なレースといえるだろう。

武豊、前人未到の記録を更新!JRA小倉2歳ステークスでも注目、万馬券決着の可能性もの画像2
平坦小回りで難解な小倉芝1200m

 さらに、その難解さに追い打ちをかけるような状況がある。この夏、JRAは新型コロナウイルスの感染防止対策でマスコミに取材規制を敷いているのだ。時間的制約、距離的制約などがあり、競馬記者は昔のような手法で情報収集が不可能という状況。つまり、一般的な予想手段であるスポーツ紙や競馬専門紙は情報不足であり、参考にしにくいといっても過言ではないのである。

 こういった状況を踏まえ、この小倉2歳ステークスを的中させるのに必要なのは、JRAの取材規制を受けず本物の情報を知る“競馬情報のプロ”をうまく活用することだろう。そして競馬情報のプロといえば、誰もが認める存在がある。それが「シンクタンク」だ。

 創業25年の歴史と看板を持つシンクタンクは、かつて競馬界の第一線で活躍し、数々の伝説を築いた超一流の競馬関係者が多く在籍している。武騎手と並ぶレジェンドと評される、ハイセイコーでお馴染みの増沢末夫元JRA騎手・調教師や、マルゼンスキーで活躍した中野渡清一元JRA騎手・調教師、武騎手よりも早く全10場所重賞制覇を達成した安田富男元JRA騎手、さらに境征勝元JRA調教師、平井雄二元JRA調教師などの大物がズラリ。

 彼らは現役競馬関係者の大先輩や上司、そして恩人や親戚といった特別な存在であり、一介の競馬記者とは人間関係の質が違う。ゆえにJRAの取材規制の影響はなく、さまざまな情報が完全な形で届けられるという。

武豊、前人未到の記録を更新!JRA小倉2歳ステークスでも注目、万馬券決着の可能性もの画像3
小倉競馬を知り尽くすシンクタンクに期待

 そんなシンクタンクから驚きの企画が届いた。なんと今週末行われる小倉2歳ステークスに関して、関係者情報だけでなく、馬券候補となる情報馬5選を特別に無料で公開するというのだ。しかも、それだけにとどまらず、今週末に行われる別の重賞レース、札幌2歳ステークス、新潟記念の情報も併せて無料で公開してくれるというのだ。

 彼らはなぜ、これほど価値のある情報を無料で公開するのか、その真意を聞いてみた。

「多くの競馬ファンの方々に、世間には出回らない本物の関係者情報があり、それを知ればより競馬を楽しむことができる、馬券で勝つことができるということを体験していただきたいと考えています。そのため、今週は特別に小倉2歳ステークスなど特に価値のある情報を、無料で公開することにしました。

 小倉2歳ステークスや札幌2歳ステークスといった、キャリアが浅い2歳馬同士のレースでは、馬柱から得られるデータが少なく、世に出回る情報も少ないため、『よくわからない』『難しい』と頭を悩ませる競馬ファンも少なくないでしょう。

 しかし、2歳戦は“情報が命”ともいわれており、確かな情報さえ掴んでいれば、馬券攻略もそう難しくありません。去年、万馬券的中をお伝えしている小倉2歳ステークスですが、今年もすでに馬券に絡む候補馬の情報を把握しています。自信度や配当妙味は昨年と同様か、それ以上と見込んでいます。注目されている人気馬が買えるかどうか、そのあたりもレース当日に提供する情報をご確認ください」(シンクタンク担当者)

 一般的な競馬記者が取材や情報収集に苦労するなか、シンクタンクの情報ルートは独自の情報網と親密な人間関係によって、電話やメール、LINEを活用して、レース直前まで連絡を取って「本物の関係者情報」を入手することができる。これは難解な今の状況にとって、最大の武器となろう。

 そしてその情報を無料で利用できるチャンスがあるのだから、これを逃す手はない。シンクタンクはこの夏だけで53本の万馬券を的中。しかも2歳戦で13万8540円という10万馬券を的中させているように、2歳情報に関しても盤石の強さを誇っている。そのシンクタンクが提供する小倉2歳ステークスを筆頭とした今週の無料情報は必見だ。必ずチェックし、週末の大勝負に挑みたい。

(文=編集部)

CLICK→【無料公開!小倉2歳ステークス含む週末の重賞情報】シンクタンク

※本稿はPR記事です。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合