ヤマダ電機で買える涼感家電5選!残暑のテレワーク&睡眠時に大活躍の最新製品の画像1
ヤマダ電機LABI渋谷店(「Wikipedia」より)

 新型コロナウイルスが流行する中で迎えた、今年の夏。マスクを着けたままだと猛暑日はさらに苦しく、街ではハンディファンなどを活用して暑さをしのぐ人が、例年よりも増えた印象だ。

 9月に入っても厳しい残暑が予想されており、夏もの家電はまだまだ大活躍しそう。そこで今回は、オリジナリティあふれる商品を多く取り揃えるヤマダ電機で買うことができる、最新の技術を使った涼感家電を紹介する。

空調服 空調ざぶとん どこでも座・クール

 テレワークの導入に伴い、家で仕事をする機会が増えた人は多いだろう。しかし、夏はエアコンをつけっぱなしにせざるを得ず、電気代の負担が増したという人もいるかもしれない。

 そんな人にオススメなのが、座布団に内蔵されたファンが冷たい風を送り込むことで、お尻まわりから涼しさを演出してくれる「空調ざぶとん」だ。50mlの水とわずかな電力のみで稼働するため、毎日8時間使用しても、ひと月の電気代は4円以下。室温が30℃に達するような厳しい暑さの日でも、座るだけである程度体温を下げてくれるため、エアコンの稼働を最小限で済ませることができる。

ヤマダ電機で買える涼感家電5選!残暑のテレワーク&睡眠時に大活躍の最新製品の画像2

 さらに、弾力性のある素材を使うことで、長時間座ってもお尻が疲れにくい設計となっており、電気代をセーブしつつ、部屋で快適に仕事をしたいという人にはうってつけの商品なのだ。

ドウシシャ サーキュレーター ピエリア

 エアコンと併用することで、涼しい冷気を部屋の隅々まで運んでくれるサーキュレーター。冷房効率を格段にアップさせ、開けた窓に向けて設置すれば換気を効率的に行えるなど、在宅時間の長い人にとっては重宝するアイテムだ。

ヤマダ電機で買える涼感家電5選!残暑のテレワーク&睡眠時に大活躍の最新製品の画像3

 熱帯夜にエアコンをつけっぱなしにして眠り、体調を崩した経験を持つ人も多いだろう。この商品は首振りの可動域が通常のサーキュレーターよりも広いため、自然に近い風の動きを忠実に再現。クーラーの厳しい冷気に比べて、体に優しいやわらかな風を送ってくれるので、暑くて寝苦しい夜でも体への負担が少ない。他の商品に比べて静音性が高いため、寝室での利用にピッタリだ。

ミヨシ USF-16BK USB冷風扇

 9月に入り、真夏の暑さが和らいでくると、「エアコンをつけるほどでもないけど、扇風機では物足りない」と感じることが増えてくる。そんなときに1台あると便利なのが、冷風扇だ。

ヤマダ電機で買える涼感家電5選!残暑のテレワーク&睡眠時に大活躍の最新製品の画像4

 水が気体になる際に生じる「気化熱」を利用して、ひんやりとした風を送り出すため、消費電力も少なく、エアコンのように体を冷やしすぎてしまう心配もない。お財布にも体にも優しいアイテムなのだ。

 一般的な冷風扇は本体と貯水タンクが一体となっている仕様が多く、水を貯めて所定のポジションまで運ぶ際には注意しないと水をこぼしてしまうため、給水が面倒くさいという短所がある。しかし、この商品は貯水タンクを取り外せるので給水が簡単だ。

 消費電力を抑えつつ、持続的に優しい冷気を送ってくれるので、真夏ほどではないが汗ばむ陽気が続く9月から10月にかけて、大活躍すること間違いなしだ。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ