【完了】山下智久のJKお持ち帰り、「活動自粛でも甘い」の声…高校生に手を出した芸能人3人の画像1
山下智久

 8月17日、山下智久が芸能活動を自粛することが明らかにした。未成年との飲酒とホテル宿泊を週刊誌に報じられたことが原因とあって、ファンも動揺を隠しきれないようだ。

 報道があったのは、ニュースサイト「文春オンライン」。山下は同じ事務所の亀梨和也とともに都内のバーへ入店し、そこで複数の男女とともに飲み会を楽しんでいたという。しかしメンバーのなかに、現役女子高生が2人もいたことが明らかになった。亀梨は飲み会後すぐに帰宅したようだが、山下と女子高生の1人は同じ高級ホテルに入っていく姿が確認された。

 ジャニーズ事務所はこの報道を受けて、亀梨に厳重注意、山下に一定期間の活動自粛という処分を下したことを発表。ファンからは「信じてたのに、すごく残念」「大人とは思えない軽率な行動」「活動自粛だけじゃ甘くない?」と厳しい声が後をたたない。

 今回は、山下のように、未成年に手を出したと報じられた芸能人をピックアップしていこう。

狩野英孝

 まずは、2017年に未成年との淫行疑惑が報じられた狩野英孝。週刊誌「FRIDAY」(講談社)は狩野が17歳の女性と交際していることを突き止め、半同棲状態だったことも明らかになった。

 報道について狩野は会見を開き、彼女について「22歳と聞いて知り合いました」と告白。友人関係を経て大人として交際を始めたと説明し、週刊誌の報道についても認めている。しかし彼女が10代だと知ってからは、相談の上で友人関係に戻った様子。彼女の父親に謝罪したところ、父親からは「何があってもうちの家族は狩野さんを応援します」と言われたようだ。

 会見を見た人からは、「17歳の嘘なんてさすがにわかるでしょ」「22歳でも年下すぎるのでは?」「彼女のほうも悪い気がする」とさまざまな意見が飛び交った。狩野は会見で無期限の謹慎を発表し、約半年後に復帰している。

山口達也

 最後に、元TOKIOのメンバー・山口達也。山口は2018年4月に未成年への強制わいせつ罪容疑で書類送検され、その後、ジャニーズ事務所を退所している。

 山口は番組で共演した女子高生を自宅マンションに連れ込み、相手が未成年にもかかわらず、飲酒やキスを強要。女子高生はその場を離れてから、警察に被害届を提出した。ジャニーズ事務所が被害者側と話し合いを行った結果、被害届は取り下げられ示談が成立。山口は、この事件を機に表舞台から姿を消している。

 山口が去ったTOKIOは4人で活動を続けていたが、城島茂、国分太一、松岡昌宏の3人は2021年に会社を設立すると発表。長瀬智也は退所して裏方へ回るようだが、ファンの間では「これを機に山口さんが復帰することもあるかも」「長瀬くんの退所前にまた5人が揃っているところを見たい」と望む声も数多く上がっている。長年多くのファンを魅了してきたTOKIOは、どんな結末を迎えるのだろうか。
(文=編集部)

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ