石橋貴明が20年ぶりNHK生出演、江頭はCM起用…芸人ユーチューバーがテレビ界に逆流かの画像1
貴ちゃんねるず – YouTube」より

 人気ユーチューバーの水溜りボンドが、10月3日の土曜夜10時からテレビ神奈川(tvk)で地上波初のレギュラー冠番組をスタートさせるという。このように、今やユーチューバーがテレビ各局のバラエティ番組や情報番組に次々と進出している。

 さらに、とんねるず・石橋貴明がユーチューバーとしても人気を得たことで、テレビに“逆輸入”される流れも起きた。ネットがテレビを凌駕し、淘汰する時代がついに到来したのだろうか。

テレビ界を席巻する人気ユーチューバー

 水溜りボンドが始める番組名は『水溜りボンドの○○行くってよ』。内容は“定番”の街ブラ番組とのことで、神奈川県内のさまざまな街を訪ねて人と触れ合い、グルメや絶景を堪能するという。どんな仕上がりになっているのか、楽しみだ。

 ユーチューバーによる冠番組は地上波では異例のことだが、今やユーチューバーがゲスト出演するケースは珍しくなくなった。

 9月1日の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)には、登録者数185万人を数えるユーチューバーのまあたそが初登場した。「岡山が生んだ奇跡の不細工」を自称し、その卓越したメイクテクニックで美人に生まれ変わるという彼女だが、バツイチで4歳の子どもがいることを突然告白。明石家さんまを驚かせていた。

 8月3日には、チャンネル登録者数 645万人を誇る7人組ユーチューバー・フィッシャーズのうち、ダーマ以外の6人が『ネプリーグ』(フジテレビ系)に出演。原田泰造とチームを組み、見事に優勝した。7月25日の『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)には、フィッシャーズのシルクロード、マサイ、ンダホの3人が登場。ンダホの妻からの暴露アンケートが読み上げられ、彼と結婚しようと思った一番のポイントが明かされていた。

「また、ヴァンゆんが『サンデー・ジャポン』(TBS系)にコメンテーターとして何度も登場しているように、ユーチューバーは情報ワイドショーにも進出。彼らは『痛快TVスカッとジャパン』(フジテレビ系)のショートドラマにも出ていました。連ドラでは、7月30日に放送された『警視庁・捜査一課長2020』(テレビ朝日系)に、登録者95万人以上の人気ユーチューバー・ねおがゲスト出演しています」(芸能ライター)

ユーチューバーのテレビ出演が加速している理由

 これまでテレビに露出していたユーチューバーといえば、HIKAKIN、はじめしゃちょーあたりだったが、なぜ今、進出が加速しているのだろうか。それには、このコロナ禍が関係しているという。

「テレビ関係者の多くがリモートワークを余儀なくされ、今まで以上にネットとの接触時間が増加。自ずと、ユーチューブを見る機会も増えました。また、テレビで活躍してきた多くの芸能人がユーチューバーとして活動するようになったことも大きい。こうした単純接触によって、今まで勝手にテレビは『別物』と区分けしてきたユーチューバーを起用する機運が高まったといえるでしょう」(テレビ局関係者)

 さらにもうひとつ、ユーチューバーを取り込む契機となったのが、視聴率の指標の変化だ。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ