古谷一行、救急搬送説が飛び交う…その真相とは?の画像1
DVD『犬神家の一族』(KADOKAWA)

 御年71歳となった今でも途切れることなくテレビドラマなどに出演する、現役バリバリの大物俳優、古谷一行。息子は人気ロックバンドDragon Ashのボーカル・降谷建志、降谷の妻はMEGUMIと芸能一家であることでも知られているが、そんな古谷をめぐって不穏な情報が流れている。

「2日の朝あたりから、業界内で“古谷が救急搬送された”という情報がかけめぐったのです。古谷は9年前に体調不良で舞台を突如降板し、肺がんの手術を受けたこともあるだけに、心配の声も広がり、一部メディアが事実確認に走りました」(テレビ局関係者)

 古谷の体調について所属事務所は、当サイトの取材に対し次のように説明する。

「今、病院にいるのは事実ですが、急性胃潰瘍です。本人はいたって元気で、治療したらすぐに退院する予定です。複数のメディアさんからお問い合わせをいただきましたが、胃潰瘍なのですが、なぜか“救急搬送”という大ごとになってしまっているようでして……」

 古谷といえば1970年代から映画・テレビで制作された『金田一耕助』シリーズが有名で、1997年放送の連続テレビドラマ『失楽園』(日本テレビ系)では女優・川島なお美との大胆なシーンも話題になり、社会現象となった。そして70歳を過ぎた今でもテレビドラマ界にはなくてはならない存在だ。

 そんな古谷だけに、一日も早く回復して、仕事に邁進してほしいと願うばかりである。

(文=編集部)

 

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ