JRA秋競馬開幕!京成杯オータムハンデ、マスコミも把握できない衝撃の穴馬で馬連3点勝負の画像1
サマーマイルシリーズの最終戦は激戦必至!

 いまだ新型コロナウイルスの影響は少なくなく、スポーツ界もエンタメ界も元の状況には回復していない。JRA(日本中央競馬会)においても、残念ながら10月4日まで無観客開催の延長が決定してしまった。そのJRAは先週で夏の札幌、新潟、小倉開催が終了し、夏競馬もフィナーレを迎えた。そして今週からは競馬ファン待望の秋競馬が開幕する。

 その1週目には、サマーマイルシリーズの最終戦京成杯オータムハンデ、サマースプリントシリーズの最終戦セントウルステークス、そして秋華賞トライアルの紫苑ステークスといった豪華三本立ての注目重賞レースが行われる。いずれも目が離せない一戦だが、ここでは京成杯オータムハンデに注目してみたい。

 このレースは、まずサマーマイルシリーズの最終戦という位置付けがある。合計4レースの順位による獲得ポイントを競うJRAの夏限定企画だが、現在その優勝候補は五指に余る状態。京成杯オータムハンデにはラセット、スマイルカナ、ミッキーブリランテ、トロワゼトワル、エントシャイデン、アンドラステケイアイノーテックといったポイント上位馬が出走予定で、このなかのいずれかが勝利すればサマーマイルシリーズのチャンピオンとなる。さらに、マイルチャンピオンシップを目指すルフトシュトロームや、シゲルピンクダイヤ、ジャンダルムといった実力馬も顔を揃え、かなりの混戦模様だ。

 このレースは過去に222万馬券が飛び出したことがあるように、波乱含みの難解なレース。過去10年で見ても万馬券は9回と多く、今年もかなりの好配当が飛び出しそうな雰囲気がある。逆に言えば、この難解なレースを的中できれば、かなりの払い戻しが見込めるわけで、これは競馬ファンはもちろん、競馬未経験者でも注目の一戦。もし的中が期待できるなら、ぜひ馬券を購入したいと考えるはずだ。

JRA秋競馬開幕!京成杯オータムハンデ、マスコミも把握できない衝撃の穴馬で馬連3点勝負の画像2
京成杯オータムハンデは一獲千金のチャンス

 しかし、この夏は多くの重賞で波乱が続出し、重賞レースでも100万馬券が何本も発生している。実際にかなりの競馬ファンが「この夏は散々だった」と、悔しい思いをしたといっても過言ではなさそうなほど。そんな競馬ファンにとっても、この京成杯オータムハンデは大逆転の機会であり、まさしく一獲千金のビッグチャンスなのである。

 というのも、“競馬情報の達人”と呼ばれる「マスターズ」が、この京成杯オータムハンデで【高額馬券の的中】につながる重要な情報を入手し、しかもその情報を【無料で一般公開】すると宣言しているからだ。今回、その真意をマスターズの担当者に聞いてみた。

「競馬で勝つために必要なことは、コロナウイルスの感染防止で取材規制を受け、情報内容が雑にならざるを得ない新聞や雑誌の情報に踊らされず、競馬関係者から直に聞いた、本物の情報を掴むことです。

 競馬はJRAと馬券購入者のゲームではありません。馬券購入者同士が互いの金を奪い合うゲームです。ほかのプレイヤーより多く、正確な情報を入手したものに勝利の女神は微笑みます。

 すべての競馬ファンは、京成杯オータムハンデに出走する全馬の調教師・騎手・厩務員・馬主関係者から、直接本当の情報を入手する手段はありません。そしてそれはマスコミにも当てはまります。

 情報が入手できないその時点で、すでに負けは確定しているのです。もちろん、馬券は運があれば的中できるもの。その情報を知らなくても、結果として的中するケースはあります。

 しかし、本当の情報を把握して購入するのと、運任せで購入すること、どちらが効率が良く、好結果につながりやすいかは、説明するまでもないでしょう。

 我々マスターズは、実際にトレーニングセンターで働いていた人間を含め、さまざまな人材が豊富に揃っています。その情報ルートは元調教師、元騎手、元厩務員、元助手、牧場、馬主関係者、トラックマン、馬具屋等の内部関係者で構成。馬券に直結する【馬主・厩舎・騎手】と3つのセクションに分けられ、各分野の達人たちによって徹底的に分析されています。

 その結果として、この京成杯オータムハンデでも、すでに的中を確信させるほどの情報を入手しました。

 昨年は関係者から情報を入手して推奨した4番人気トロワゼトワル、5番人気ディメンシオンで決着し、3着に10番人気の穴馬ジャンダルムが飛び込んで3連単は18万馬券の10万馬券。マスコミが印を並べた上位人気馬は、ことごとく敗退しました。

 今年も昨年激走と同じパターンの穴馬情報が、各方面の競馬関係者より届いているのです。我々は複数の関係者から裏付けを取っており、その穴馬の激走を確信。現時点でマスコミは完全なノーマークであり、このままいけば人気薄は確実。かなりの配当が期待できるでしょう。

 実際に提供する勝負馬券は、確信の本命馬から相手も厳選3頭で狙えます。驚くような高額配当も、たった馬連3点勝負で狙えるのです。

 このように非常に高い期待の高い京成杯オータムハンデですが、秋競馬を記念した特別企画として『馬連3点勝負』を無料で公開いたします。

 競馬ファンの皆様だけでなく、競馬に興味がある初心者の皆様にも、ぜひ遠慮なく利用していただきたいですね」(マスターズ担当者)

JRA秋競馬開幕!京成杯オータムハンデ、マスコミも把握できない衝撃の穴馬で馬連3点勝負の画像3
40万円の払い戻しを獲得した見事な的中

 このマスターズは8月30日までに139本の万馬券を的中させているが、そのなかには3連単・40万1980円という超高額万馬券も含まれている。これは競馬ファンが一生のうちに1度的中できるかどうかのレベルだ。さらに、この夏競馬においても、3連単・15万7810円、3連単・12万4190円、3連単・11万9260円と、誰もが憧れる10万馬券を連発。そして京成杯オータムハンデと同じ条件であるマイル重賞やハンデ重賞も数多く的中。これこそが、本物の情報力を持つプロの実力だ。

 そんなマスターズが提供するこの「京成杯オータムハンデ・無料3点勝負」は、まさに必見。夏競馬の負けを取り戻したい人も、秋競馬に向けて軍資金を稼ぎたい人も、ともに目が離せない大一番となりそうだ。

(文=編集部)

CLICK→【無料公開!京成杯オータムハンデ・馬連3点勝負】マスターズ

※本稿はPR記事です。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ