おばたのお兄さん、20秒動画で300万円荒稼ぎ…月収100万円超の意外な芸能人3人の画像1
おばたのお兄さんInstagram「bataninmari」より

 動画配信サイト「ABEMA」で配信された番組にて、お笑いトリオ・安田大サーカスのクロちゃんが先月の月収を暴露した。意外な金額に世間から驚きの声が続出している。

 8月14日配信のボートレース番組『ABEMA BOATRACE TOWN』で、ラストアイドル・西村歩乃果や岡村茉奈と共演したクロちゃん。レースが始まる前にボートレーサーの獲得賞金額をチェックした西村は、「クロちゃんの賞金はどれくらい?」とふざけて質問した。

 最初は渋っていたクロちゃんだが、「先月の(月収)でいい?」「先月は160万」と、あっさり回答。「先月は多かっただけだから」と補足していたものの、視聴者からは「この時期にそこまで稼げるなんてすごい」「クロちゃんレベルで月収3桁超えなのか」「めっちゃテレビ出てるもんね」といった声が相次いでいる。

 今回はクロちゃんのように、月収100万円を超えていた“意外な”芸能人をピックアップしていこう。

おばたのお兄さん

 まずは、小栗旬のモノマネで一躍人気を集めたおばたのお兄さん。彼は8月9日配信の「ABEMA的ニュースショー」で、「たった20秒動画で月収300万円」を達成した芸人として紹介された。

 おばたのお兄さんは自身のインスタグラムに、ものまねを中心とした20秒ほどの短い動画を数多く投稿。カメラアプリや手づくりの小道具などを駆使した“小学生あるある”や“ドラマや映画の再現シリーズ”が注目を浴び、最高で300万円を稼いだ月もあるという。

 撮影は自宅で行い、編集もおばたのお兄さん自身が担当。ネット上では「SNS時代の申し子って感じ」「20秒でちゃんと面白いからすごいよなぁ」「1発屋で終わると思ってたのに、すっかり人気者だね」と羨望の声が後を絶たない。ちなみにおばたのお兄さん自身は、テレビにもどんどん出たいと考えている様子。SNSをきっかけに、テレビで再ブレイクする日も近いかもしれない。

朝倉未来

 続いて、格闘家の朝倉未来。朝倉は2019年からユーチューバーとしても活動を始め、人気ユーチューバーとのコラボやドッキリ企画など、さまざまな動画を投稿している。

 7月26日に投稿された動画では、話題のニュースや最近の格闘技界についてトーク。そのなかで自分の月収の話になり、チャンネル開設から1カ月目には収入が400万円あったことを振り返った。さらに約1年たった今では、10倍以上も稼いでいる様子。この動画についてネット上では、「つまり月4000万ってこと!? ちょっと信じられない」「年収換算するのが怖い」「でもあんまりトップユーチューバーってイメージはないよね」と、さまざまな反響が上がっている。

 朝倉は今後について、「ユーチューバーは本当に実力の世界になってくる」「より一層、がんばらなければいけない」と、ストイックにコメント。果たしてこのまま人気を伸ばし続けることができるのだろうか。

(文=編集部)

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ