『スッキリ』加藤浩次だけじゃない…安藤優子も関口宏も水卜アナも…炎上失言はなぜ続くかの画像1
日本テレビ系にて平日午前に放送中の『スッキリ』公式サイトより

 4日に放送された『スッキリ』(日本テレビ系)におけるお笑いタレント・加藤浩次の“失言問題”が注目を集めている。

“失言”が起きたのは、視聴者から投稿された動画を紹介する『金曜ドーガショー』というコーナー内でのこと。このコーナーを担当する同局アナウンサー・安村直樹に対して加藤が、「安村さんはあと何回ですか?」と質問。安村は戸惑う様子を見せながらも「私はあと2回くらい……」と答えたのち、「加藤さん、それ今日発表なんですか? 卒業というのは……」と逆質問。加藤は「あ、まだしていなかったんだっけ?」と、口を滑らせ、安村の番組卒業を“うっかり”発表してしまったことを認めることとなった。

「加藤は安村から事前に卒業の話を聞いていたことが明かされていましたが、この番組放送後、すぐに各メディアが“放送事故”としてこの件をこぞって報道。これを受けて番組の公式Twitterも、『あまりにも突然、そして、さら~っと、加藤さんから発表された安村アナの『スッキリ』卒業…。』と投稿し、“ガチ”の失言であったことがほのめかされていましたね。

 ネット上ではこの件に関し、『加藤やっちゃったじゃん』『失言をした加藤は(番組に)残るの?』など、発言ミスをした加藤を揶揄するような声のほか、『安村さん体調が悪いのかな』『病気の療養をするってこと?』など、昨年から35kgのダイエットに成功したという安村が、実はなにかしら病気を抱えているのではと心配する声も出ている状況です」(芸能ライター)

8月に大批判を浴びた安藤優子の“熱中リポート強要”

 期せずして共演者の番組卒業をリークしてしまった形の加藤。しかしワイドショーなどの情報番組では、生放送であるという特性上、こうした“失言問題”は繰り返されてきた。

「最近では、8月19日に放送された『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ系)において、MCの安藤優子が行った“熱中症パワハラ”が批判を集めました。これは、記録的な猛暑となった京都をリポート中の女性ディレクターが、『暑すぎて頭がボケっとしているんですね。ごめんなさい、お返ししときますね』と、明らかに体調が悪くなった様子を見せるも、安藤は失笑しながら『もう一回、お返ししてもいいですか?』と、リポートの続行を“強要”したもの。

 しかし、女性ディレクターがなおも言葉につまるなどしたことから、高橋克実ら共演者からも『ちょっと休憩したほうがいいんじゃないですか?』などと心配する声が出て、中継は終了することに。これに対して、『完全にパワハラ』『あの状態でリポートを続けさせようとするのはおかしい』など批判の声が多く上がり、SNSが一時炎上状態になってしまったんです」(同・芸能ライター)

関口宏、水卜アナの失言、そして大橋アナによる“イジり”も

 ほかにも、7月5日に放送された『サンデーモーニング』(TBS系)では、同3日から熊本南部などを襲った『令和2年7月豪雨』を取り扱った際、MCの関口宏による失言もあった。

 ここで関口は、「数年前から、梅雨時は豪雨が怖いといわれてきましたけど、やっぱり出ちゃったねえ」と発言。「報道番組のMCがこんな他人事のような発言をしてもいいのか」「被災者のことを何も考えていない」など、多くの批判の声が上がった。

「少しライトなものでいえば、9月1日に放送された『スッキリ』では、12日に放送が予定されている音楽番組『THE MUSIC DAY』について紹介を行った際、同局アナウンサーの水卜麻美が、この番組に出演する矢沢永吉について『ドラマも作って……』と発言、番組内容に関する情報を公にしてしまったという騒動がありました。

 発言後、MCの加藤に問い詰められた水卜は、『なんにも知らないです。何も知りません』と動揺しながら連呼する姿が話題に。とはいえ、こちらは矢沢永吉の公式アカウントで8月29日に発表されていたものだったようで、大きな問題にはなりませんでしたね」(同・芸能ライター)

 水卜アナのこの失言騒動は、翌9月2日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)でもいじられることに。元テレビ東京アナで現在はフリーの大橋未歩が、『この水トちゃん(の発言)も失言じゃないと思います』と発言。水卜アナの失言は“確信犯”であったと主張し、またもや話題になったのであった。

 かように、生放送中のこうした“失言事故”は、SNSが発達した近年ではすぐに多くの人によって共有され、場合によっては炎上してしまう。出演者におかれては、そうした事実を常に念頭に置き、慎重に言葉を選んでもらいたいものである。

(文=編集部)

関連記事