メッシ、決別報道から一転残留の舞台裏…消えぬ経営陣との確執、バルサ暗黒時代再突入かの画像1
リオネル・メッシ(「Getty Images」より)

 リオネル・メッシ、FCバルセロナに残留――。

 約1カ月にわたり、サッカー界のみならずスポーツ界全体を賑わした移籍騒動は、メッシ自身の口からバルセロナ残留を告げることで幕を閉じた。

 サッカー史に残るクラック(名手)に移籍報道が出たのは、今回が初めてではない。バルトメウ会長体制となった2014年以降、移籍報道が取り沙汰されることはたびたびあったが、いずれも信憑性は乏しかった。だが今回の退団騒動は、実現まであと一歩というところまで迫っていたのは間違いない。

 ここ10年間のバルセロナは、まさにメッシと共に歩んだ時間だった。多くのタイトルをもたらしたクラブの象徴であり、15年以上にわたり町のアイドルでもあったアルゼンチン人が他クラブに移籍するというのは、机上の空論のようにも映った。

 ところが、今年8月のチャンピオンズリーグ(CL)でのバイエルン戦敗戦を機に、メッシ自ら退団意思をクラブに伝えたとの報道が飛び交ったのだ。

「ここ1カ月ほど、メッシの去就問題はスペイン国内でもっとも大きな関心を集めるニュースであり、報道される数も圧倒的でした。新型コロナウイルスよりも大きく取り上げられており、あらゆるメディアがメッシの動向を報じた。スポーツ界でもっとも影響力のある1人であるメッシ移籍はアスリートの枠を超え、社会現象化していました。これはバルセロナに限らず、ヨーロッパ全土にまで及んだ。クラブが転換期を迎えていることもあり、メッシは残すべきか、出るべきか、ということがスペイン中で議論されました」(スペイン在住記者)

 だが、60億円超の年俸に加え、880億円とされる莫大な契約解除金を捻出できるクラブは存在しなかった。恩師であるジョゼップ・グアルディオラ監督率いるマンチェスター・シティ(イングランド)やパリ・サンジェルマンFC(フランス)の名前が挙がり、すでに合意に至ったとの報道もあったが、コロナ渦で各クラブの財政が厳しいなか、33歳となったメッシに天文学的な金額を払うことに二の足を踏むのは当然かもしれない。

 メッシは残留を発表したあとのインタビューで、以下のように答えている。

「僕がクラブに、会長に『バルサから出たい』と言ったのは事実だ。バルセロナには若い選手や新しい力が必要だと思っていたし、自分としてもバルセロナでの時間は終わったと思っていたんだ。だけど、自分はこれまで常にここでキャリアを終えたいと言ってきた」

 この言葉からもわかるように、メッシは一度バルセロナを離れる決意をした。その本質的な理由を辿れば、現経営陣への不満に行き着く。

メッシとバルセロナの間に入った亀裂

 2000年以降のバルセロナの低迷期には、必ず会長の“暴走”が絡んできた歴史がある。ジョアン・ラポルタ(03年から10年まで会長職)がクラブに栄光の時間をもたらした一方で、短命に終わった政権も少なくない。それでも、ここまでの内部批判の声がメディアを通して発信されることはなかった。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ