チャンネル登録者数136万人を誇る人気ユーチューバーの「てんちむ」が、過去に豊胸手術を受けていたにもかかわらず、「豊胸したことはない」と嘘をつきバストアップ関連商品を宣伝していたことで、猛批判を浴びている。

 そんななか、ユーチューバーとしても人気急上昇中の格闘家・朝倉未来が7日、自身のYouTubeチャンネルを更新し、『炎上中のてんちむを薬物検査に連れて行ってみた』と題する動画を公開。過去に海外で、マリファナを吸ったことを認める発言をしたてんちむに対し、「一度でも薬物を使用した人間は、やめられなくなり、ずっと使い続ける」と批判する声があることから、実際に薬物検査を受けさせて潔白を証明しようという企画だ。

 てんちむと朝倉は、都内にある法科学鑑定研究所を訪問。一通り説明を受けると、てんちむは早速検査を受ける。検査結果が出るのを待つ間、てんちむと朝倉は雑談。そのなかで朝倉は突然、てんちむに「無人島に行ったら?」と提案。炎上しているなかで、いくら反省していると口で言っても証明できないので、過酷な試練を受けて本当に反省している様子を視聴者に示せばいいとの持論を展開。

 これに対し、てんちむは「ファンの人を裏切ってしまった」「顔も見たくないと思っている人が絶対にいる」「YouTubeは辞めようと思う」と発言。それを聞いた朝倉は「辞めることが反省とはいえない」と慰留。裏切られても、いまだにてんちむのことが好きというファンもいるはずだから、続けるべきだと説得。そのうえで、「無人島は死ぬよりもきつい。それをてんちむがやったら、すごい根性だって(視聴者は思う)」と、あらためて無人島行きを提案。てんちむが無人島でサバイバルをすれば「視聴者に希望を与えられる」と熱弁し、YouTube動画でその模様を公開するように勧めた。

 この朝倉の提案を見た視聴者からは、「てんちむを応援していたファンが怒っている、という事実を無視している」「反省を示すために無人島に行けという思考が理解できない」など、朝倉の見当外れの提案に疑問の声が殺到。さらに、過去に朝倉が詐欺犯相手に喧嘩する動画をあげていることから、「友達が詐欺に遭ったらキレて、友達が詐欺したら庇うのか」と皮肉る向きもある。

 また、格闘家の朝倉に絡めて「てんちむのやっていることは、格闘家で言うと『今までの試合は全部八百長でした。でも毎日トレーニングはしてました』ってこと。これでファンが許してくれると思う?」と、朝倉の助言が的外れだと指摘する声もある。

「てんちむはこれまで何度も、『豊胸手術を受けたことはない』と公言していました。努力すれば胸は大きくなる、自分はAカップからFカップまでサイズアップした、と説明してきました。なかには、胸にブラックライトを当てて豊胸していないことを強調する動画もありました。そのうえで、自身がプロデュースするバストアップブラや、バストアップサプリ、バストアップクリームなどを宣伝してきたのです。てんちむは、整形手術を受けたことを公言し、『整形してよかった』とまで明るく語っていたこともあり、豊胸を否定する言葉には説得力がありました。しかし、実際は豊胸手術を受けていたわけですから、てんちむを信じて商品を購入したファンは怒り心頭です」(芸能記者)

 先日、公開した謝罪動画では、「豊胸手術は受けたことは事実だが、手術の効果はほとんどなく、バストアップは自分の努力によるもの」と強調したが、高須クリニック・名古屋院の高須幹弥院長は自身のYouTubeチャンネル内で、バストアップブラやサプリなどでバストが大きくなることは、「医学的に考えてあり得ない」と否定。そういった商品は“ほぼすべて詐欺”とまで断罪している。

 それにもかかわらず、あくまでもバストアップは自身の努力の結果だと強調したことで、本気で反省していないとみられてしまっているのだ。なかなか批判の声が収まる気配は見えないが、てんちむはどのような結論を導き出すのだろうか。

(文=編集部)

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ