ホリプロ、オスカー、トップコート…大手事務所でもブレイクできない不遇の3人とはの画像1
井上咲楽(イノウエ サクラ) | ホリプロオフィシャルサイト」より

 一時期「ゴリ押しではないか」と言われた剛力彩芽が、18年間在籍していたオスカープロモーションを飛び出したのは8月31日のことだ。退所に関しては「円満」と発表されているが、一部では「リストラに近い」と報じられるなど、さまざまな臆測を呼んでいる。いずれにしても、剛力が一時代を築いたことは間違いないだろう。

 しかし、中には、ゴリ押しともいえるプッシュを受けながら、いまいちブレイクできない芸能人もいるはずだ。そこで今回は、露出が多いわりにくすぶり続ける“不遇”の時を過ごす芸能人を挙げてみたい。

キャラが迷走?第2のこじるり?

 まずは、ホリプロタレントスカウトキャラバンで受賞するという輝かしい経歴を持ちながら、くすぶっている女性タレントだ。

「井上咲楽は2015年の第40回スカウトキャラバン#kawaiiで『ソフトバンク賞』を受賞し、ホリプロからデビューしました。彼女の認知度を高めたのが『ワイドナショー』(フジテレビ系)の出演でしょう。17年2月から1年間、“ワイドナ高校生”として不定期出演していました。『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(集英社)の両津勘吉を思わせる太眉とお団子ヘアをトレードマークに、明るい元気なキャラクターで受け入れられました」(芸能ライター)

 しかし、以降は目立った活躍がみられないという。

「事務所の大先輩である和田アキ子の『アッコにおまかせ!』(TBS系)に出たり、同じく先輩の小島瑠璃子と関ジャニ∞・丸山隆平が司会を務める『サタデープラス』(同)にリポーターとして出たものの、思ったほど爪痕を残せていません。それどころか、『サタプラ』出演時にはロケ現場と土曜朝のスタジオの空気を読み間違えてハイテンションキャラで暴走し、『うるさい』と叩かれたこともあります」(同)

 そもそも、井上は天下のホリプロタレントスカウトキャラバンから輩出された人材である。美少女キャラという方向性はなかったのだろうか?

「確かに髪の毛をおろすと清楚な感じに見えるのですが、彼女自身は太眉を幸運の証だと思っているようです。というのも、そのスカウトキャラバンで、眉毛を活かして『Mr.ビーン』のモノマネをして大ウケした過去があるというのです。事務所もトレードマークは大切にしたいという方針なのか、特に細くすることもなく、いわば年中“イモト状態”です。今年3月の『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の企画で金髪に染めた際も、眉は太いままでした」(テレビ局関係者)

 それが功を奏したのか、はたまた災いしたのかは定かでないが、サバイバル番組『陸海空 こんなところでヤバいバル』(テレビ朝日系)の「虫の力だけで3泊4日離島一周ヤバいいね!の旅」では、支給された虫を食べながら伊豆半島で3泊4日という過酷な生活を送るなど、井上の姿は今やバラエティでしか見かけない。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ