伊勢谷友介、大麻で逮捕の背景に沢尻エリカの証言か…独身主義の理由に大麻常習かの画像1
伊勢谷友介のインスタグラムより

 俳優の伊勢谷友介が8日、大麻取締法違反の容疑で逮捕された。

 伊勢谷といえば7月に亡くなった世界的ファッションデザイナー、山本寛斎さんの異母弟であることでも知られているが、伊勢谷は以前テレビ番組で山本さんと対談した際、幼少期に実の父と母が別れたため父に関する記憶がなく、母と祖父母に育てられたことなどを明かしていた。

「山本さんと伊勢谷の実父は数えきれないほど結婚と離婚を繰り返す人物だったと、山本さん自身も明かしています。伊勢谷は過去に広末涼子や吉川ひなの、長澤まさみとの熱愛が報じられ、特に長澤とは結婚間近とまでいわれましたが、結局破局。数年前からはモデルの森星と堂々とデートする様子が何度も報じられ、現在も継続中とみられていました。

 森との交際は4年以上におよびますが、それでも伊勢谷が結婚に踏み切らないのは、自身が複雑な家庭環境に育ったことも影響して“一生結婚はしない”と決めているからだともいわれています。しかし、今回の事件を受け、ずっと以前から薬物を常習していたため、もし逮捕されて家族に迷惑がかかることを恐れていたので結婚を避けていたのではという声も出始めています」(週刊誌記者)

 伊勢谷といえば東京藝大大学院卒で、俳優のみならず映画監督業もこなし、さらにクリエイターなどが連携して社会課題解決を実践する会社リバースプロジェクトの経営者として、社会問題に関する発言や取り組みが注目される機会も多かった。

「会社経営のほうでは、大企業や自治体などとも連携して多くのプロジェクトを手掛け、割と本格的に取り組んでいたことは事実です。芸能活動に飽き足らずさまざまな領域に足を踏み込んでいき、40歳を超えても常に“自分探し”をしていたような印象を受けます」(同)

 そして伊勢谷が今回逮捕された背景について、ある情報が飛び交っているという。

「昨年、女優の沢尻エリカが薬物所持の疑いで警視庁に逮捕されましたが、伊勢谷と沢尻は映画でも共演して、プライベートでも親交があった。警視庁は沢尻への取り調べで彼女の“クスリ人脈”を洗い出し、芸能界の薬物犯罪摘発に活かそうとしていたとみられています。今回、伊勢谷を逮捕したのも沢尻と同じく警視庁組織犯罪対策5課ですが、沢尻から得た情報が手掛かりになったのではないかという見方もあります」(テレビ局関係者)

 伊勢谷はかつてあるメディアのインタビューで、自身が経営するリバースプロジェクトについて聞かれ、「人類が地球に生き残るにはどうするべきか?」「政治や民主主義の新しいシステムも模索しており、教育分野にも取り組み始めました」「現代社会には『志』が不足しています」などと語っていたが、伊勢谷の志とはなんだったのだろうか。

(文=編集部)

 

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ