高度経済成長期の“慣習”が現在まで続く

 つまり、企業の取引関係が固定化し、商取引が排他的なものになっていくと、一企業の成長が他企業に波及していき、互いに売り上げや業績に無関心でいられなくなり、助け合っていく関係へと変わっていくのだ。

 だから、「三菱グループの社員は、東京三菱銀行で口座を作って、明治生命や東京海上の保険に入り、三菱電機や三菱自動車の製品を買う」。そうやって、グループ企業の売り上げに貢献すれば、まわりまわって自社の売り上げに返ってくる……はずなのだが、これはあくまでも高度経済成長期、カネがなかった時代に融資を得るために、銀行のゴキゲンを取る必要があったからこそ始まった話なのだ。

 今も三菱グループの社員は、おそらく三菱グループの製品を極力購入しているだろうが、もともとの理由が銀行戦略に起因するなどとは夢にも思っていない。だから、「なぜそうなのか理由がわからない」ことになってしまったのだ。

(文=菊地浩之)

家康はなぜ「徳川」を名乗ったか…ニューイヤー駅伝から考える、群馬に徳川町があるワケの画像3

●菊地浩之(きくち・ひろゆき)
1963年、北海道札幌市に生まれる。小学6年生の時に「系図マニア」となり、勉強そっちのけで系図に没頭。1982年に國學院大學経済学部に進学、歴史系サークルに入り浸る。1986年に同大同学部を卒業、ソフトウェア会社に入社。2005年、『企業集団の形成と解体』で國學院大學から経済学博士号を授与される。著者に、『日本の15大財閥 現代企業のルーツをひもとく』(平凡社新書、2009年)、『三井・三菱・住友・芙蓉・三和・一勧 日本の六大企業集団』(角川選書、2017年)、『織田家臣団の系図』(角川新書、2019年)など多数。