伊勢谷友介、強い恨みを買っていた可能性も…警視庁とマトリが競って芸能人を逮捕する理由の画像1
YUSUKE ISEYA」より

 9月8日、警視庁組織犯罪対策5課は、自宅で大麻を所持したとして大麻取締法違反(所持)の疑いで俳優の伊勢谷友介を現行犯逮捕した。

 東京藝術大学出身で、ファッションデザイナーの故・山本寛斎の異母弟でもあり、広末涼子や長澤まさみ、森星らとの熱愛報道でも知られる伊勢谷だが、報道などによると、以前から大麻使用やDVの噂は絶えなかったという。

 すべてに恵まれた輝かしい人生は、どこで狂ったのか。『恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白』(講談社)の著者で、覚醒剤捜査のオモテとウラを知り尽くしている元北海道警察警部の稲葉圭昭氏に聞いた。

大麻を密売していた可能性は?

――報道によると、認否については「弁護士さんが来てからお話ししたいと思います」と話しているそうです。

稲葉圭昭氏(以下、稲葉) 報道だけではわからない部分も多いけど、今回は伊勢谷さん本人の関係者からの情報提供が元のようで、5課はかなり長い間、内偵をしていて、事前にゴミまで漁っている。そうじゃないと、家に踏み込んだときに都合よくブツがあるわけがない。

――そうですね。たとえば、2016年に5課が清原和博さんの住むマンションに踏み込んだときは、手に注射器と吸引用のストローを持ったままだったそうです。

稲葉 すごいタイミングだよね、警察官の鑑だよ(笑)。なかなかそうはできない。かなり内偵しても、難しいと思う。

――伊勢谷さんの場合は、捜査員が「捜索差押許可状」を見せて中に入ったら、リビングのテーブルの引き出しに4つの袋に合計20グラムの大麻と、テーブルに吸引具のような巻紙があったと報道されています。大麻はとても軽いので、20グラムは相当な量ですね。約12万円、40回分の使用量だそうです。

稲葉 20グラムだと、自分が使うための所持にしては多いけど、密売かどうかを判断するのは難しい。俺が現役だった頃に、検察官から「50グラム以上だと密売を疑う」と聞いたことがある。今は違うかもしれないけどね。また、営利目的だと判断するには、「売るつもりで持っていた」という本人の供述があるか、客の証言などの裏付けが必要になる。

――密売はやってないとすると、常習ということですか?

稲葉 その可能性は十分にあるね。

――なるほど。それは、これからの捜査次第ですね。それにしても、内偵を重ねてきて、なぜ「今」なのでしょうか? 自民党の総裁選挙や河井克行元法相夫妻の公判から注意をそらすつもり、との説もあります。

稲葉 それはないと思う(笑)。まぁ、確かに厚労省と都道府県の「麻薬・覚せい剤乱用防止運動」(警察庁は協賛)は10月から11月だから、ちょっと早いしね。伊勢谷さんが警察学校の教官役をしていたテレビドラマが終わったから……という説もあるから、そっちかもね。さすがに、いくら「役」でも教官がパク(逮捕)られたらシャレにならないよね。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ