同日付で島崎氏が渉外広報本部フェローとなった。宇野氏は政治家には強いものの、関係者によると「豊田章一郎氏や奥田碩氏が経団連会長をやっていたときは、秘書の仕事はしていなかった」。

「上層部との会話で、自工会、豊田自工会会長という単語は頻繁に出てくるが、経団連の三文字は一切ない。経団連の事務局が豊田経団連会長を望んでいるのかもしれないが、社内では経団連や経団連会長に対する思いは薄い」(別のトヨタ幹部)

 豊田氏の経団連入りのニュースは、経団連の“民僚”の願望なのかもしれない。自動車担当のアナリストは「豊田社長には財界活動をやることによってお金を吸い取られることへの警戒感や嫌悪感があるのかもしれない」と推測する。

(文=編集部)

情報提供はこちら
RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合