伊勢谷友介の「目が充血」していたヤバい理由…大麻吸引で性行為にハマッた可能性もの画像1
YUSUKE ISEYA」より

 自宅に乾燥大麻を隠し持っており、9月8日に警視庁組織犯罪対策5課に逮捕された伊勢谷友介容疑者。部屋から出てきた大麻は合計20グラムにも及んだという。尋常ではない量だが、事情通の多くがほとんど驚いていないように、“有名俳優のハッパ癖”は芸能界では公然の秘密だったようだ。

 また、自宅からは大麻を吸引するための巻紙が約500枚見つかっており、伊勢谷容疑者は「自分で吸うために持っていた」と容疑を認める供述をしているという。これらの経緯から、常習的な使用が濃厚とみられている。

 ある芸能関係者が語る。

「やっぱりやってたか、という感じだよ。前から噂を耳にしてたしね。これまでの逮捕報道をみても、通常は1グラム程度だよね。押収された量を考えても、大麻との付き合いは相当な年月に及ぶんじゃないかな。そういえば昔、彼の目が充血していた、と聞いたこともあるよ」

 充血の原因が大麻によるものか否かはさておき、大麻を吸うと目が充血するのは、よく知られるところである。

伊勢谷友介がハマッた快楽の罠

 海外の合法地域で大麻を嗜んだ経験を持つH氏が語る。

「種類や体調にもよるけど、ハッパを吸うと目が充血することは多いよ。ハッパに含まれているTHC(テトラヒドロカンナビノール)という成分が原因なんだ。THCが体内に入ると血管が拡張して血中が活発になり、それが目にも表れて充血する。体調によっては、3日ぐらい吸わなくても目が真っ赤なままだよ」

 そもそも、大麻を吸うとどのような症状が出るのだろうか。

「シャブ(覚醒剤)はアッパー(=興奮)だけど、ハッパは逆でダウナー(=鎮静)なんだよね。五感がものすごく敏感になるのが特徴だね」

 ミュージシャンに愛用者が多いとされるのも、曲づくりの際の感性が敏感になるためだという。

「味覚や聴覚、視覚、嗅覚がすべて敏感になるから、食事はおいしいし、音感も高まる。普段は思いつかないようなアイデアが芽生えたり。もちろん、“あっち”の快感も高まるよ」

 一呼吸入れて、H氏が続ける。

「これは想像だけど、伊勢谷容疑者はこれらの効能をすべて知っていたんだろうね。俺もそうだけど、本当は女にも吸わせたいんだ。ハッパのおもしろさを知っていたり、興味を示したりするタイプならまだしも、普通は拒否するだろ? そこで仕方なく、女がシャワーを浴びている隙に自分だけ吸って快楽を味わうわけだ。皮膚感覚が鋭敏になるから“出る量”も増える。おそらく、伊勢谷はそうした行為に慣れっこだっただろうね」

 9月9日に配信された東スポWebの記事によると、伊勢谷容疑者は過去に人気グラビアアイドルの女性を自宅に“お持ち帰り”した上に、「吸ってみなよ」と大麻をすすめたことがあるという。何とか逃げ帰った女性は、知人に泣きながら「あの人、絶対ヤバい」と訴えたというから、穏やかではない。そうした行為が念頭にあったのだとしたら、恐ろしい限りだ。

 H氏は、伊勢谷容疑者の所持量について以下のように推測する。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ