熱愛疑惑の坂本勇人&橋本環奈、真相は?「イニシャルトーク」で名前が上がった芸能人3組の画像1
坂本勇人(「Wikipedia」より)

 テレビ番組などから、たびたび聞こえてくる「イニシャルトーク」。誰を指しているのか判断できないからこそ、気になってしまう人も多いのではないだろうか。

 8月30日放送の『アッコにおまかせ!』(TBS系)では、2020年下半期にスクープされる可能性のある有名人を特集。そのなかで“超人気スポーツ選手S”と“ある人気女優”の熱愛にまつわるトークが展開された。

 その内容によると、Sは高収入のイケメンで、女優はドラマやバラエティ番組で活躍しているという。するとネット上ではSをプロ野球・読売巨人軍の坂本勇人選手、女優は巨人ファンで知られる橋本環奈だと推測する声が続出。真偽をめぐって、「坂本選手ファンとしてはショック」「環奈ちゃんってバラエティで活躍してる? 女優は違うんじゃないかな」と議論が巻き起こった。

 今回は坂本・橋本のように、大きな憶測を呼んだテレビバラエティの「イニシャルトーク」をピックアップしよう。

前田敦子・勝地涼

 同じく8月30日放送の『アッコにおまかせ!』で注目を浴びたのは、「離婚間近」として紹介された“俳優K・女優M”夫婦。2人はすでに別居を報じられているという情報や、「冬までもたない」との見解まで飛び出すことに。そんなKとMの正体について、ネット上では前田敦子と勝地涼が有力候補にあげられているようだ。

 勝地・前田夫婦といえば今年6月、「女性セブン」(小学館)が2人の別居を報道。また7月には「週刊文春」(文藝春秋)が勝地を怒鳴りつける前田の写真を掲載しており、夫婦仲を危ぶむ声が後を絶たなくなった。今回“K・M夫婦”の離婚問題が伝えられると、ネット上には「もうこれ勝地くんとあっちゃんで間違いないでしょ」「子どももいることだし、なんとか仲直りしてほしい」といった声が出ている。「冬までもたない」という見解が確かなら、その頃にはK・M夫婦の正体が判明しているかもしれない。

熊田曜子

 憶測を呼ぶと同時に大きな波紋を広げたのは、今年4月放送の『ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説SP 2020 春』(テレビ東京系)で展開した暴露話。出演者の森田哲矢(さらば青春の光)が“芸能界のすごく大きなパーティー”に参加した際のエピソードとして、「ビンゴゲームの1等の景品が“グラドルK”(放送ではテロップ表示)さんだった」と明かしたのだ。

 ちなみに森田は4月放送の『ゴッドタン』(テレビ東京系)でも、同じビンゴゲームの話題を披露している。こちらでは“ママタレ兼グラドル”とテロップが表示されており、それぞれのヒントから、グラドルKは熊田曜子だと推測した人が多いよう。ネット上では「ママでグラドルなんて熊田さん一択じゃない?」という声のほか、「イニシャルでも明かしちゃダメな話では」「下世話すぎる。ヒントが該当する人からすれば、いい迷惑」などのコメントが相次いだ。
(文=編集部)

関連記事