「それだけジャニーズ内でも波紋を呼んでいるということでしょう。ジャニー(喜多川元社長)さんのポリシーもあり、ジャニーズは、どんな理由があろうともタレントがステージ上で手を抜くということは許さない。特に上田はデビューから20年のキャリアを誇り、ジャニーズのなかでは後輩たちに模範を示すべき立場にいる。事務所としても今回の件をお咎めなしで済ませば、多くの若手タレントたちに示しがつかない。そのため、厳しい処分が下されるという見方が強いわけです」

 同じく“タダでは済まされない”という見方を別のテレビ局関係者も示す。

「上田の隣ではジャニーズの人気トップグループ、嵐の二宮和也がダンスと共に熱唱を披露していましたが、その二宮の顔に完全に泥を塗ったかたちとなりました。さらに上田のパートは、ジャニーズシャッフルメドレーの最後を締めくくる出演者全員で『世界に一つだけの花』を歌うパートの1つ前だったこともあり、メドレー全体を完全にぶち壊してしまった。

 共演した後輩の中間はブログでかなり言葉をオブラートに包んでいますが、文面の節々からは強い怒りが感じられます。中間のみならず事務所幹部も他のジャニタレも、上田に対しては“いったい何してくれてんだ”という思いでしょう。これだけの事態を起こして、あのタッキー(滝沢秀明副社長)が見過ごすとはちょっと考えにくいです」

 上田は何を思っているのだろうか――。

(文=編集部)

 

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合

関連記事