ウーマン村本、酒気帯び運転の山口達也を擁護…飲酒運転事故の被害者・遺族が激怒の画像1

Instagram『村本大輔 Muramoto daisuke official(@muramotodaisuke1125)』より

 元TOKIOの山口達也容疑者が22日午前、東京・練馬区で酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕された。山口容疑者は2018年4月、飲酒して女子高校生に無理やりキスをするなどしたとして警視庁に書類送検された。同年5月に起訴猶予処分となり、ジャニーズ事務所から契約を解除された。そして今回、再び“酒がらみ”の犯罪で逮捕され多くのファンから失望の声が聞かれる。

 そんななか、お笑い芸人の村本大輔(ウーマンラッシュアワー)が、自身のTwitterアカウントに投稿した一文が交通事故被害者などの怒りを買っている。

 村本は22日、以下のように投稿した。

「山口達也から居場所を奪っていく軽薄残酷人でなし社会」

 確かにマスコミ各社は事件発覚以降、メディアスクラムといえるような報道を行っている。それに煽られるかたちでSNS上などを中心に、山口容疑者への批判の声が高まっているのは事実だろう。だが「酒気帯び運転」は非常に危険な行為であり、芸能人、一般人にかかわりなく逮捕されれば、新聞紙上などで実名報道されるし、企業勤めであれば解雇される事案だ。少なくとも、ここ十数年の間、飲酒運転の末に起こった凄惨な死亡事故は枚挙にいとまがない。

「飲酒運転による事故はどのような理由があっても許せない」

 村本がどのような主旨でこの発言をしたのかはわからないが、この投稿に対し、飲酒運転事故の被害者などから次のような怒りの声が上がっている。

「私はどんだけ酒すきでも未成年に淫行したり飲酒運転はしたことありません。犯罪者のモラルの欠如や自分への甘えをどこまで許容しなきゃいけないんでしょうか 株式会社TOKIOができた時点で山口さんの復帰も噂にはなってたし報道されても仕方ない」(原文ママ、以下同)

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合

関連記事