坂上忍、山口達也の飲酒運転に「何やっているのかな」…「お前が言うな」の声が殺到の画像1
『バイキング』HPより

 TOKIOの元メンバーで、22日に飲酒運転の現行犯で逮捕された山口達也容疑者について、23日放送の『バイキング』(フジテレビ系)で特集した。

 冒頭でMCの坂上忍は「山口君の場合は以前もお酒がらみでありましたので、『また?』という思いの方も多かったと思いますけど」と語った。さらに、山口容疑者が大量の飲酒をしたうえでバイクを運転して友人宅へ向かう途中で事故を起こしたことを紹介し、「朝まで飲んでいて、流れでバイクで行っちゃったんですかね。でも、(逮捕・移送される際の)山口君へのファンの声とか聞こえたりして、何やっているのかなと、やっぱり思っちゃうよね」と述べた。

 すると、視聴者からは「自分も飲酒運転で事故を起こして逮捕されたくせに、何を偉そうに語っているんだ?」と坂上に対して批判の声が続出。

 坂上は1995年に、飲酒運転を行い、道路脇の電柱に激突して破壊する事故を起こしている。さらにその後、壊れたクルマを運転して別のクルマに衝突して損壊したうえ、追ってきたパトカーから約20分間逃げ続けたあげくに逮捕された。この時、坂上はかなりの酩酊状態だったと報じられている。

 そんな坂上が、追突事故を起こした山口容疑者について「何やっているのか」と追及したことで、「(山口容疑者は)逃走していない分、坂上よりマシ」「自分のことを棚に上げて語る坂上の言葉には説得力がない」「飲酒運転で逃走した人物がMCできるんだから、山口も復帰できるんじゃない?」など、「お前が言うな」の声が殺到。

 他方、『とくダネ!』(フジテレビ系)でも山口容疑者の飲酒運転事故の話題を取り上げたが、MCの小倉智昭が「彼を山口容疑者と呼ばなければいけないのが残念」と悔しがり、その後は「TOKIOの時はハンサムで、ベースを弾いても格好いい。一緒に仕事した時に話しても人柄の良さが伝わってきた」と同容疑者のことを懐古しつつ、人柄の良さを紹介。

 また、アルコールへの依存が疑われることから、「もともとお酒のコントロールができないわけで、何かお酒におぼれたきっかけがあると思う」と私見を述べ、「なんとかして再び自分の道を切り開いてもらいたいと思います」とエールを送った。

 これを受けてネット上では、「小倉はコメントが甘すぎる。事件を起こして逮捕された容疑者が知人だと、キレイごとや甘い言葉をかける必要があるのか」と飲酒運転で事故を起こしたことを軽く見すぎだと批判する声が飛び交った。

 芸能界のなかでも、山口容疑者逮捕のニュースに関してコメントを発表しているタレントは非常に多い。その多くは、酒を断つことができなかった山口容疑者への厳しいコメントで、一部はアルコール依存症になった場合の、更生の難しさについて言及しているが、擁護派は少数だ。

 なかには、山口容疑者がTOKIO脱退・ジャニーズ事務所退所のきっかけとなった強制わいせつ事件を起こした際に、松岡昌宏が涙ながらに「正直、あなたは病気です。自分の置かれている立場と今後のことにちゃんと向き合ってくれ。決してお酒は悪くない、悪いのは自分だ。その甘さと考えを改めてもらえない限り俺たちは何もできない。話すのはきっとそれからだ」と諭した言葉を振り返り、「松岡の苦言は山口に届かなかったのか」と残念がる向きもある。

 山口容疑者の事故について、けが人などは出ていないものの酩酊状態で運転して事故を起こしたことを重く見て、懲役刑が下される可能性もあると語る法曹関係者もいるが、アルコール依存症との診断が出れば、保護観察に付されるとの見方もある。

 山口容疑者は、これを機会に酒を断ったうえで、社会復帰をめざしてほしい。

(文=編集部)

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合

関連記事