NEW
渡瀬基樹の「空港から最寄り駅まで歩いてみた」第12回

花巻空港からJR東北本線・花巻空港駅まで歩いてみた…宮沢賢治の私塾跡で日本文学を思う

文=渡瀬基樹
【この記事のキーワード】

, , ,

花巻空港からJR東北本線・花巻空港駅まで歩いてみた…宮沢賢治の私塾跡で日本文学を思うの画像4
東北新幹線の新花巻駅は、空港まで車で約8分。歩けないこともないが、歩きたくない距離だ。
花巻空港からJR東北本線・花巻空港駅まで歩いてみた…宮沢賢治の私塾跡で日本文学を思うの画像5
花巻駅の市街地にある花巻駅は、空港まで車で約11分。バスもたくさん発着するが、空港へ直行するバスは設定されていない。

 花巻空港までのアクセスは、基本的にバスだ。盛岡駅からは直行バスが、フライト時間に合わせて設定されている。料金は1430円だが、2枚綴りの回数券が2500円で販売されているため、往復共に空港を利用するのであれば、実質的に1250円で利用できる。所要時間は45分だ。

 このバスが、花巻空港駅にも停車する。つまり県南部の一関市や奥州市からは電車で花巻空港駅に向かい、ここでバスに乗り換えるというシステムになっている。三陸地方の釜石市などからも同様だ。花巻空港駅から花巻空港までは300円で、所要時間は7分だ。さらに、空港に比較的近い北上市からは、路線バスも運行されている。

 疑問に思ったのが、立地している花巻市内からのアクセスが、さほど良くないことだ。花巻駅や新花巻駅から空港への直行バスは存在しない。花巻駅からは東北本線で花巻空港駅へ向かい、バスに乗り換えて空港へ向かうという、他地域と変わらぬアクセス方法となる。新花巻駅からはさらに、釜石線で花巻駅へ向かうというステップが追加される。いずれも時間帯によっては、花巻空港駅で20分以上の乗り換え待ちが発生する。

 空港の駐車場は最大1150台収容で、料金は無料なので、近隣の方は車で来るのだろう。しかし、地元から公共交通機関を使ったアクセスがこれほど難しい空港は珍しいのではないだろうか。

花巻空港からJR東北本線・花巻空港駅まで歩いてみた…宮沢賢治の私塾跡で日本文学を思うの画像6
花巻駅前のバス停には「花巻空港駅」方面のバスは発着するが、空港行きのバスはない。
花巻空港からJR東北本線・花巻空港駅まで歩いてみた…宮沢賢治の私塾跡で日本文学を思うの画像7
空港への公共交通機関によるアクセスは、リムジンバス一択。盛岡駅からのバスが、花巻空港駅にも停車する。
RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合

関連記事