長谷川京子、出産後にバストサイズが落ちたと告白…バストが話題になった芸能人3人の画像1
長谷川京子Instagram(kyoko.hasegawa.722)より

 女優の長谷川京子が、自身のYouTubeチャンネルにトーク動画「スナック京子」を投稿。ファンからの質問に答えていくなかで、自身のバストについて赤裸々に打ち明けている。

 話の発端となったのは、「バストケアについて教えてください」という質問。長谷川はこれまでに2人の子どもを出産しており、妊娠するたびにバストが大きくなる経験をしたようだ。しかし時間がたつと小さくなってしまい、最終的に以前より少しサイズが落ちた状態になり、その後はバストの老化に抗うためにバストサロンに通い始めたという。

 今は毎日のマッサージと月に1度のバストサロンでケアしているという長谷川に、ファンからは「産後も努力を欠かさない長谷川さん素敵」「サイズが落ちてるなんて全然気づかなかった」「私もバストサロン通ってみたいです」といった声が寄せられた。

 今回は長谷川のように、自分のバストについて語った芸能人についてピックアップしていこう。

てんちむ

 まずは、バストアップに効果があると謳う商品をプロデュースしていたYouTuber・てんちむ。てんちむは今まで「豊胸手術をしたことはない」と公言し、過去の動画でも自分の努力でバストアップに成功したかのようにアピールしている。

 しかし9月頭に投稿した動画で、6年前に自分の脂肪を胸に注入する手術を受けていたと告白。手術で大きくなったのは半カップから1カップほどだったうえ、豊胸後もバストアップにつながる努力を続けていたため「豊胸のことはなかったことにしたい」と考えていたと説明している。

 動画では「豊胸のことを隠していて、本当に申し訳ございませんでした」と謝罪し、これまで販売したプロデュース商品の返金に対応すると説明。動画を見た人からは、「バストアップ系の動画、毎回チェックしてたから悲しすぎる」「てんちむは女子の味方だと思ってたのに」「そんな気持ちで商売してほしくなかったです」と、批判が殺到している。

ももせもも

 続いて、胸囲120cmのMカップを誇るグラビアアイドル・ももせもも。ももせは9月3日放送の『アウト×デラックス』(フジテレビ系)に出演し、バストが大きすぎるがゆえの悩みを打ち明けた。

 グラビアアイドルとしては、ほかに類を見ない魅力的なバストだが、大変なのは食事をするとき。テーブルの上の食器から口元までの距離がバストの分だけ離れてしまうため、胸を汚さずに食べることが難しいという。実際にカレーうどんを食べてみた動画では、たった10分で胸元の紙エプロンがびしょびしょになり、エプロンをめくると下に着ていたTシャツにもカレーうどんの汁が染み込んでいた。

 ももせのレアな悩みには、視聴者からも「毎回こんな感じなのか」「これはちょっとかわいそう」「こんな悩み想像したこともなかった」と同情の声が相次いだ。ももせ自身は「しょうがない」と諦めているようだが、食事以外にも人に理解されにくい悩みをまだまだ抱えているのかもしれない。
(文=編集部)

RANKING

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ