ユーチューバーの「てんちむ」と「かねこあや」の女同士による醜すぎる泥仕合が、また新たな“嘘”を明らかにした。

 かつてはお互いを“親友”と公言していたが、昨年10月頃から亀裂が生じ始め、今年に入り絶縁宣言を行ったあげく、互いに誹謗中傷をし合い、裁判にまで発展している。さらに、かねこはてんちむが過去に大麻を吸っていたことを暴露。それに対し、てんちむはかねこが「婚約者と死別した」と公言していたが、実はその元婚約者が生きていることを暴露。

 その後も、てんちむが過去に豊胸手術を受けていたにもかかわらず、「豊胸したことはない」「自分の努力によってバストアップした」と語り、バストアップ関連商品をプロデュースしていたことが判明し、てんちむは猛批判にさらされている。

 一応のかねこも、プロデュースしたとされるレギンスが、既製品と同じものではないかと指摘されている。

 これらの疑惑が次々に明るみに出るにつれ、かねことてんちむは謝罪動画を出しているが、その釈明がいずれも釈然としないため、2人に対する批判の声が収まらずにいる。

「たとえば、てんちむは大麻吸引について、海外でたまたまタバコを切らしたときに、喫煙所にいた人から勧められて一度だけ吸ったが、自分で買ったことも所持したこともないと釈明しましたが、流出したかねことのLINE画像では、大麻を自らの意志で吸ったようにとれる発言があります。また、豊胸を隠していたことについては、手術の効果がほとんどなく、実際に自分の努力によってバストアップしたため、豊胸はなかったようなものという釈明をしていますが、複数の医師が『努力によってバストアップすることはない』と断言しているため、てんちむの発言の信憑性が疑われています。

 一方のかねこは、死んだとされる元婚約者が生きているとの疑惑について、元婚約者は2人いて、そのうちの1人は亡くなったが、もう1人は生きていると釈明。レギンスについては、自分がプロデュースした製品の正当性を主張したうえで、メーカー側が既存品をかねこプロデュース製品に寄せたのだと説明しました。これらの釈明が、にわかには信じがたいとして不信感が高まっているのです」(芸能記者)

関連記事