NEW
木下隆之「クルマ激辛定食」

ボルボ、有史以来最大の変革期に突入か…新型「XC40」、驚異的な環境性能&安全性&パワー

文=木下隆之/レーシングドライバー
【この記事のキーワード】

, , ,

ボルボ、有史以来最大の変革期に突入か…新型「XC40」、驚異的な環境性能&安全性&パワーの画像1
ボルボ・新型「XC40 B5 AWD R-Design」

 いまボルボ(スウェーデン)は、有史以来最大の変革期を迎えようとしているのかもしれない――。

 ボルボは、2019年から発売するすべてのクルマを電動車にすると宣言した。「安全のボルボ」に加え、「環境のボルボ」という名誉の称号を得ようとしているのだ。

 とはいえ、内燃機関との絶縁ではない。遠い将来に想いを馳せれば、いずれ内燃機関を墓場に葬り去ろうとしているようにも思えるものの、現状では内燃機関も活用する。純然たる電気自動車であるEVとプラグインハイブリッドを大きな枠で「リチャージ」と命名、一方、48VのISGM(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター・モジュール)を基本としたハイブリッドを「マイルドハイブリッド」としてカテゴリー分けし、その両方を生産。動力を内燃機関だけに頼ったモデルとの決別を発表したのだ。

ボルボ、有史以来最大の変革期に突入か…新型「XC40」、驚異的な環境性能&安全性&パワーの画像2

 今回紹介する新型「XC40 B5 AWD R-Design」は、コンパクトSUVのカテゴリーに属する。全長は4425mm、全幅は1875mm、全高は1660mm。直接のライバルはBMW「X1」、アウディ「Q3」あたりになるのかもしれない。

 直列4気筒2リッターターボガソリンエンジンを基本とし、48VのISGMと組み合わせている。ISGMは、クランクシャフトと直結したモーターが発電をしながら直接エンジン出力をサポートする。あくまで主体はエンジンであり、電気モーターはアシスト役でしかない。モーターだけで走行することは、かなわない。マイルドハイブリッドなのである。

 発進は、いちいちスターターでエンジンを始動させる必要はない。クランクに直結だから、いわば押しがけをするようなイメージで、スルスルとスタートする。エンジンが始動しても不快な振動はなく、かといってモーターがアシストしている感覚もない。ただ単にパワーが十分なだけで、ハイブリッドであることは、聞かされなければわからないという奥ゆかしさなのだ。

 ちなみに、「B4」と「B5」の2グレードの違いは、パワーの差である。エンジン本体やモーター容量等には違いはなく、コンピューターの細工による出力の高低だけでしかない。今回試乗したB5は、よりハイパワーな仕様であり、最高出力250ps、最大トルク350Nmを発生する。ISGMのアシストによる加速は、その数字から想像する以上の力強さだった。

関連記事