朝ドラ『エール』松井玲奈の夫・奥野瑛太はチンピラも軍人も演じる隠れた名バイプレイヤーの画像1
NHK連続テレビ小説『エール』」より

 ついに福島三羽ガラスが始動したNHKの連続テレビ小説『エール』。戦争へのカウントダウンが始まり、生活も少しずつ変化しだした第15週の9月21日(月)~25日(金)のストーリーを振り返ろう。

福島三羽ガラスの「暁に祈る」が大ヒット

 戦争の気配が色濃くなってきた昭和12年のある日。たまたま目にした新聞で公募に入選した歌詞を見た古山裕一(窪田正孝)は、思いつきで作曲をしてみた。実は、その曲はコロンブスレコードの新曲のB面として発表する予定の「露営の歌」だった。

 歌手は佐藤久志(山崎育三郎)で、レコードを出すと50万枚超えの大ヒット曲に。出征する兵士を見送る際に歌われる曲となった。

「露営の歌」のヒットを受けて、裕一は妻の古山音(二階堂ふみ)と娘の華(根本真陽)にオルガンをプレゼント。音は音楽教室を開くことを思いつく。

 そんな中、音の姉の関内吟(松井玲奈)の夫の関内智彦(奥野瑛太)から、「暁に祈る」という映画の主題歌をつくってほしいと打診される。裕一は作詞家と歌手を指定できることを条件に、依頼を引き受けることに。裕一、村野鉄男(中村蒼)、久志の福島三羽ガラスで初の曲をつくることになった。

 一方、音の音楽教室には生徒がひとりも集まらず、思うように進んでいなかった。それを喫茶バンブーのオーナー夫妻に話したところ、梶取恵(仲里依紗)の協力で生徒が集まり出した。

 生徒の弘哉(外川燎)という少年は音程が取れず、レッスン中にみんなに笑われて音楽教室を辞めようとするが、裕一に勧められたハーモニカのおもしろさを知り、続けることにした。

―――

「暁に祈る」の作曲の件は、鉄男の作詞が陸軍から合格が出ず、停滞していた。6回目のダメ出しを受けて鉄男は作詞家を降りようとするが、裕一は鉄男が降りるなら自分も降りると、辞退を申し出る。それを聞いた智彦は、吟に「裕一に考え直してもらうように音に頼め」と当たる。

 吟は音を通して裕一に考え直してほしいと頼み込むが、音は裕一の思いを知っているため協力できないと断る。

 吟は大日本帝国婦人会で妹の参加を求められ、子どもがいないことで力仕事の当番を押し付けられ、夫からは化粧を注意され、音からは裕一の説得を断られ、つい音の音楽教室を「何の役にも立たない」と当たってしまう。

 しかし、音は「こんな時代だからこそ、音楽は必要」と説き、音楽教室に来る生徒たちが徐々に仲良くなり、明るい笑顔を見せるようになったことを説明し、さらに吟を追い詰めてしまう。

―――

 裕一は、智彦から作詞のラストチャンスを言い渡され、鉄男のやる気を出させるために、気分転換に帰省を提案。久しぶりに帰ると福島の人々は2人を温かく迎えてくれるも、なぜか久志が一足早く帰っており、女性たちを夢中にさせていた。

 裕一は鉄男に内緒で、小学校のときの恩師の藤堂先生(森山直太朗)を呼んでいた。妻の昌子(堀内敬子)は川俣銀行の元先輩。なつかしさに浸りながら思い出話をしているうちに、裕一は藤堂先生が出征することを知る。

関連記事