【確認中】日産スカイラインのハンズオフ運転“プロパイロット2.0”で、東京・長野を快適に走破!の画像1
自動車の未来のカタチ、夢のハンズオフ運転!

 自動車の未来を示す言葉として、「CASE」がよく使用されている。この「CASE」というのは、Connected(コネクテッド)、Autonomous(自動化)、Shared(シェアリング)、Electric(電動化)の頭文字を取った造語である。それぞれ4つの領域で技術革新や普及が拡大しているが、今回はそのなかでも最も未来を感じられるAutonomous=自動運転についての現状を紹介しよう。

 以前、まだあのカルロス・ゴーン氏が日産の会長職にあった頃、「2020年までに一般道での自動運転を実現する」と息巻いていたが、結果的にはまだ実現できていない。しかも、国土交通省が定める自動運転のレベルは1〜5まであるのだが、この発言がなされた頃には、「2020年の目標としては、特定条件下における完全自動運転であるレベル4の実現」とされていたのだが、実際にはまだ、「ドライバーが主体となる特定条件下での自動運転機能(高機能化)」であるレベル2の段階だ。

 ちなみにこの「特定条件」というのは、主に高速道路を指す。つまり現状では、高速道路など歩行者がいない条件下においてのみの自動運転機能が実現している、ということになる。

【参考/日産の開発技術者に話を聞いた記事はこちら】
“プロパイロット2.0”日産スカイラインに乗ってわかった「カーナビは不要」の誤り

日産「プロパイロット2.0」は、時速80km以上の高速走行で自動運転が可能に

 さて、市販化されている自動運転機能において最も進んでいるのが、2019年に日産スカイラインに搭載された「プロパイロット2.0」だ。このシステムは、3D高精度地図データ、車両の周囲360度のセンシング、インテリジェントインターフェースという3つの要素によって、「インテリジェント高速道路ルート走行」を実現する。

【確認中】日産スカイラインのハンズオフ運転“プロパイロット2.0”で、東京・長野を快適に走破!の画像2
日産スカイライン搭載の「プロパイロット2.0」では、車両の周囲360度のセンシングによって全方位の安全を目指す

 この「インテリジェント高速道路ルート走行」というのは、ナビゲーションシステムで目的地を設定し、高速道路の本線に合流すると、あとはナビのルート通りに自動で走行できるというもの。分岐も含め高速道路走行中は、時速80km以上になるとハンドルから手を離せる「同一車線内ハンズオフ」が可能となっているのだ。

 さらに、ドライバーが設定した速度より遅い車両が前方に走行している場合は、システムが追い越し可能と判断するとディスプレイ表示で追い越しを提案し、ドライバーがハンドルに手を添えてスイッチ操作で承認すると、右側の車線へと車線変更する。そして実際に追い抜きが完了すると、車線変更可能なタイミングをシステムが判断し、同様の操作で元の車線へと戻ることができる。同一車線を走行する際はハンズオフでき、車線変更の提案まではシステムが行えるものの、実際に指示するのはドライバーとなっている。

今後、BMW、レヴォーグ、レクサスLS、そしてベンツSクラスに自動運転導入予定

 一方で現在のところ、高速道路走行中に同一車線で完全にハンズオフ運転できるのはBMWのみ。しかし、BMWは高速道路の渋滞時のみに使えるという仕様で、時速60km以下の走行時にのみハンズオフが可能と、日産のプロパイロット2.0とは真逆の仕様となっている。

 今後、BMWと同様に高速道路などの渋滞時にのみハンズオフが可能になるのが、すでにティザー広告が開始され、10月に販売開始予定のスバル・レヴォーグに搭載されている「アイサイトX」だろう。

【確認中】日産スカイラインのハンズオフ運転“プロパイロット2.0”で、東京・長野を快適に走破!の画像3
10月に販売開始予定の、スバルの新型レヴォーグ
【確認中】日産スカイラインのハンズオフ運転“プロパイロット2.0”で、東京・長野を快適に走破!の画像4
「アイサイトX」搭載で、新型レヴォーグでは高速運転走行時にハンズオフ運転が可能となる

 まだ発売前ながら、筆者はレヴォーグのプロトタイプに試乗できたのだが、こちらも日産のプロパイロット2.0と同様、3D高精度地図データを採用している。が、こちらのほうが優れているのが、料金所を認識し、減速そして再加速を自動的で行うという点だ。自動運転技術としては日産のプロパイロット2.0と同じレベル2の領域ながら、自動運転に向けて一歩着実に前進しているのがわかる。

 また、この秋にはレクサスLSのマイナーチェンジ、そして2021年にはメルセデス・ベンツのフラッグシップセダンであるSクラスには「レベル3」の自動運転が導入されるといわれている。かように来年以降、自動運転技術はまた一段と大きく進化するのは間違いない情勢なのである。

【確認中】日産スカイラインのハンズオフ運転“プロパイロット2.0”で、東京・長野を快適に走破!の画像5
今秋にマイナーチェンジされるレクサスLS
【確認中】日産スカイラインのハンズオフ運転“プロパイロット2.0”で、東京・長野を快適に走破!の画像6
新型メルセデス・ベンツSクラスには、「レベル3」の自動運転が導入されるという

関連記事