NEW
岡田正彦「歪められた現代医療のエビデンス:正しい健康法はこれだ!」

人工甘味料でも「体重増加」との研究結果…ホルモンのバランスに異常

文=岡田正彦/新潟大学名誉教授
【この記事のキーワード】

, ,

人工甘味料でも「体重増加」との研究結果…ホルモンのバランスに異常の画像1
「GettyImages」より

「カロリーゼロ」は最近のトレンドです。甘いのに砂糖などの糖質が入っていない商品のことで、代わりに使われているのが人工甘味料です。人工甘味料は、肥満対策の救世主のごとく世の中に登場し、いまでは多くの飲料水、お菓子、アイスクリームなどに添加されています。

 最大のセールスポイントは、カロリーゼロで太らないということです。ところが最近、「そうとも限らないようだ」という研究報告が米国でありました【注1】。いったい、どういうことなのでしょうか?

 まず人工甘味料という言葉の意味をまとめておく必要があります。これが最初に登場したのは明治の時代で、サッカリンという物質でした。大量に使われるようになったのは戦後で、当時、サッカリンには発がん性があるのではないかとの噂も流れました。しかし科学的な実験と調査が精力的に行われた結果、いまでは発がん性は完全に否定され、制約はあるものの食品への添加も認められています【注2】。

 人工甘味料の中心は、「砂糖から化学的につくられるスクラロース」「人工合成のアスパルテーム」、それに「植物から抽出されるステビア」です。国内では、前2者と「酢酸から作られるアセスルファムカリウム」の3種類が主に使われています【注3】。それぞれ、化学構造も体内での働きもまったく異なるため、ひとくくりにはできない難しさがあります。

サッカリンの問題点

 さて、米国で行われた研究とは次のようなものでした。まずボランティア154人を募り、無作為に5つのグループに分けた上で、それぞれ異なる甘味料で味つけした一定量の飲料水を毎日、飲んでもらうことにしました。グループ分けは、年齢や性別、肥満度、生活習慣などに偏りがないようコンピュータで厳密に行われました。

 添加したのは、サッカリンを含む4種類の人工甘味料、それに砂糖です。甘さが同じになるように飲み物を調整しましたので、本人たちは、どれを割り当てられているのかわかりません。

 12週間後、体重がどうなったかを比べました。その結果、砂糖を添加した飲料水を飲んだ人たちは、もちろん体重が増えていましたが、驚いたことにサッカリンを添加した飲料水を飲んだ人たちも、明らかに増えていたのです。逆に体重が減少傾向を示したのはスクラロースでした。

 では、なぜサッカリンで体重が増えてしまったのでしょうか。

 人工甘味料の特徴のひとつは、砂糖の数百倍もの甘みを感じさせるということです。そのため人工甘味料の摂取によって、きわめて強い甘さの刺激情報が脳に伝わることになりますが、血液中にはそれに見合うだけの糖質が存在しないため、ホルモン・バランスに乱れが生じてしまいます【注4】。

関連記事