城田優が所属事務所退所、親友・三浦春馬さん自死で憔悴…追悼インスタに心ない批判もの画像1
城田優のInstagramより

 芸能人の所属事務所退所の動きが止まらない――。

 先月20日、少年隊の錦織一清と植草克秀が年内いっぱいをもってジャニーズ事務所を退所すると発表された。ジャニーズといえば昨年以降、錦戸亮(元関ジャニ∞)、中居正広、手越祐也(元NEWS)、長瀬智也(TOKIO)など有名どころのタレントの退所発表が相次ぎ、“次の退所候補者”の名前も取り沙汰されている。

 また、大手芸能事務所のオスカープロモーションでも、米倉涼子、剛力彩芽、忽那汐里、岡田結実、長谷川潤、草刈民代、堀田茜、福田沙紀など所属タレントの退所が相次ぐ事態に見舞われるなど、大手事務所からのタレント退所の動きが広まっている。

 そんななか今月1日、俳優の城田優が先月30日付けでワタナベエンターテイメントとの専属契約が満了したと発表された。

「城田は中学生の頃からナベプロに所属しており、特にミュージカル俳優としては高い評価を得て、コンスタントにテレビドラマなどにも出演。芸能活動は順風満帆そのものであるため、突然の退所に驚きの声が広まっています」(テレビ局関係者)

 城田といえば、7月に自殺した俳優の三浦春馬さんとは10年来の親友として知られており、三浦さんが亡くなった当日に生放送された音楽番組『音楽の日 2020』(TBS系)に出演した城田は、眼を赤く腫らしながらも必死で泣くのをこらえ、『リメンバー・ミー』とGReeeeNの『キセキ』を熱唱。その5日後の7月23日深夜には自身のInstagram上に三浦さんとの思い出の写真の数々を掲載し、

<出会ってからまだたった11年だけど、彼と過ごした時間の中で、僕は彼から多くのことを学びました>

<中でも、ずっと思い出しているのは、春馬のあの笑顔>

<あの屈託のない安堵の笑顔や、嬉しそうにその日あったことを「優くん優くん!僕ね、、」と、ニコニコしながら話してくれるあの可愛い笑顔。弟のようで、本当に愛おしいんです>

<今は本当に本当に辛い毎日ですよね。涙が止まらず、心もボロボロで、人前では気丈に振る舞っていても、ずっと暗闇の中にいるような気持ちですよね。僕もそうです。彼を愛したみんなが同じ気持ちでいます>

<離れていても、心はいつでも繋がっていると僕は信じています。愛を込めて LOVE&PEACE>

などと投稿し、三浦さんを偲んだ。

「三浦さんと城田、そして俳優の三浦翔平は20代前半から付き合いが続く親友といえる関係。それだけに、城田は三浦さんの死去以降、事務所スタッフをはじめ周囲も心配するほど憔悴していたといいます。さらに、城田がインスタに追悼コメントと共に三浦さんとの写真を投稿したことに対し、一部からは心ない反応も寄せられ、城田の周囲では心配する声もありました」(芸能事務所関係者)