NEW

セリア、買うと“がっかり”する商品5選…シリコン鍋つかみ、キッチンシャワー

文・取材=「買うべき・買ってはいけない調査班」from A4studio
【この記事のキーワード】

, ,

セリア」は100円ショップ業界で現在第2位の地位を築いているブランド。そのモダンかつナチュラルなデザイン性は業界でもトップクラスを誇っており、“100円ショップならセリアじゃなきゃいや”というユーザーまでいるほどだ。

 その売上高は2020年3月末時点で1814億7600万円を記録しており、これは3年連続の上向き成長。付随するように店舗数も直営店が1633店舗、FC店が46店舗と拡大を続けている。

 評判上々なセリアだが、すべての商品が高品質で高コスパな良品のみ……というわけでもない。今回、「Business Journal 買うべき・買ってはいけない調査班」は、セリアの商品を独自リサーチ。「今買わないほうが良い、セリアのがっかりグッズ」5選を紹介する。

シリコン 鍋つかみ/110円(税込、以下同)

セリア、買うと“がっかり”する商品5選…シリコン鍋つかみ、キッチンシャワーの画像1

 まず紹介するのは、セリアの「シリコン 鍋つかみ」だ。一気に冷え込んできたこの季節、体を温める鍋料理にチャレンジする人も少なくないだろうが、そんな時のサポートアイテムとして、この商品を選ぶのは少々考えものかもしれない。

 この商品のすべてが悪いというわけではない。断熱性に優れたシリコン製の鍋つかみは伸縮性もよく軽量で、使い勝手もなかなか良い。側面にはS字フックなどに引っ掛けられる輪もついていて、収納面にも気が配られている。

 では何が懸念点かというと、実際使ってみるとわかるのだが、本品の長さは指先をカバーできる分しかなく、それゆえ鍋などの重いものでも指先の力でしか持つことができないのだ。親指の付け根まで使ってしっかり物を持ちたいときに無理すると、肌が熱い鍋に触れて思わぬやけどにつながる危険性もあるので、購入には慎重にならざるを得ないだろう。

リボンペアブルーム/110円

セリア、買うと“がっかり”する商品5選…シリコン鍋つかみ、キッチンシャワーの画像2

 季節の変わり目にお部屋をさっぱり掃除する人も多いだろうが、そのときに使うお掃除用具は時短になるものを選びたいところ。であるならば、セリアの「リボンペアブルーム」はデメリットのほうが大きい商品といわざるを得ない。

 この商品、ブラシ部分とちりとり部分がセットになったお値段110円というお手頃なお掃除キットなのだが、その使い勝手が非常に悪いのだ。というのも、ブラシの柄の部分に白いリボンモチーフの留め金がついており、使うたびにこれを取り外さなければならないのである。おまけに柄の部分自体もリボン状ゆえに、かなり持ちづらい。

 また、そのインパクト抜群のパステルイエローとファンシーすぎるリボンのデザインは、おしゃれさが売りのセリアの商品のなかでは、正直かなりダサい印象がある……。デメリットを飲み込んでまで本品を使うよりは、別の商品を選んだほうが懸命だろう。

関連記事