「1日夕方にスポニチが結婚をスクープし、その直後にホリプロから正式に発表されており、偶然その日の発表になったのかもしれませんし、実は本当に『世界平和の日』に合わせて2日に発表しようとしていたところで、情報がスポニチに漏れてしまったために慌てて1日早めて発表した可能性もあり、そこはわかりません。

 ただ、実は発表の少し前から、ウチの局の政治部には公明党関係筋からの情報として、石原が結婚するという情報が入っていたという話もある。党関係者の間でも話題になるということは、やはり石原のお相手は学会のお偉いさんの息子さんなどではないかということで、噂に拍車をかける結果になっているみたいですね。

 もっとも、ウチの業界でも医師や弁護士、一般の上場企業にも優秀で真面目な学会員はいっぱいいるので、石原が惚れ込んで結婚するくらいですから、素敵な男性であるのは間違いなく、学会員であろうがなかろうが、どうでもよい話ですよね」

 ちなみに、ある創価高校OBで15年来の石原ファンだという国家公務員男性は次のように語る。

「結婚の一報には、めちゃくちゃヘコみました。知り合いの未婚の男性学会員はみんな、いつかチャンスがあるのではと期待していただけに、本当に驚きました。しかし10月1日という良き日に結婚のご報告があったので、これは本当に素晴らしい良縁なのだろうなと思っています。

 SHOWROOM社長の前田裕二さんとの破局した際、(創価学会の芸能人が所属する)芸術部の知り合いが『このままじゃ一生独身になってしまうのではないか』と不安がっていましたが、良い人と巡り合えたようで本当に良かったです。これからはお母さん役など役の幅もより広くなるのではないでしょうか。これからも応援していきたいです」

 石原には幸せな家庭を築いてほしいものだ。

(文=編集部)

RANKING

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ