生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

「ドコモ口座詐欺事件」では、ドコモに関係ない人の銀行口座から不正にお金が引き出されていた。アナタも心配になって久しぶりに通帳記入をしてみたのでは? でも、このような被害を未然に防ぐ手立てがないわけではない。そこで今回は、不正引出被害に遭わないための5つの方法を紹介しよう!

銀行口座やクレカはどうして不正利用されるのか?

あなたの銀行口座は大丈夫? ハッカーによる不正引出被害に遭わないための5つの方法の画像1

「ドコモ口座詐欺事件」ではドコモのスマホユーザー以外の人の銀行口座が狙われた。したがって、“自分はドコモスマホでもないしドコモ口座も持っていないので安心!”なんて思っていたら大問題。今や誰の銀行口座でも不正引出被害を受ける可能性があるのだ。 「ドコモ口座詐欺事件」では、とくに本人確認の甘さが問題視されたが、被害に遭った銀行は「口座番号」「氏名」「暗証番号」「生年月日」さえ分かれば、誰でも簡単に不正送金ができる状態だったという。また、今回はあまり話題になっていないが、クレカも「カード番号」「氏名」「有効期限」「セキュリティーコード」だけで勝手に買い物ができてしまう。最近はこれに加えパスワード入力が必要なクレカも増えているが、やはり不正利用される事件は後を絶たない…

続きは【オトナライフ】で読む