竹内結子さん急死でフラッシュバック…うつ病で弟を亡くした自死遺族の悲痛な訴えの画像1
竹内結子さん

 竹内結子さん急死というニュースに触れて、数年前の個人的な記憶が脳裏をよぎり、心臓が高ぶった。

 私自身、かわいい弟の心の病に気づけなかったひとりであり、急死の連絡を受けた直後は気が動転。長い間、大好きな野球も水泳も、酒も競馬も何一つ手につかなくなった。

 この世に生を受けて50年以上が経つが、最も悲しい出来事だった。それだけに、ご遺族の悲しみは察するに余りある。

うつ病と上司の朝令暮改というWショック

 数年前の朝。10歳年下のかわいい弟は自ら死を選んだ。深夜、ビールを飲むと家族に遺言を書き、近所の公園で首を吊ったのである。

 今思えば、半年ほど前からサインは出ていた。それは家族や親族を失って初めてわかるものだが、根が気楽者である私と明るくさわやかな弟だけに、自殺するなど考えもしなかった。

 弟は、愛妻と愛娘を遺してあの世へ旅立った。かわいい盛りの女の子を置いてまで旅立った要因は、うつ病改善のための抗うつ剤服用であり、同時に仕事面で度重なる上司の朝令暮改に振り回されていた。

「眠れないんだよ」――3カ月ぶりに会った弟は不眠症に悩まされていた。眠れない日々が続き、半年もすると体に急速な変調が表れ、全身が痒くなっていた。通院時間が増えて仕事に遅れがちになり、職場の後輩にかける面倒は日に日に増えていった。人一倍責任感が強かった弟を慕っていた後輩の女性は、ショックで仕事が手につかなくなった。

「最近はちょっとしたことするにもパワーが必要でさ、毎日体がダルくて、おまけに痒くて、そんで寝られなくて睡眠不足。本当にしんどい日々でまいってるんだ。なんなんだろうね、いったい。何をしても楽しめていなくてさ、本当に困ってるんだ」

 亡くなる数日前に受け取った、弟からの最期のメールだ。

抗うつ剤服用の前にカウンセリングを

 彼を心配する家族や友人は、いくつかの治療を勧めてくれた。少しでも心境に変化が芽生えればと、私もことあるごとに連絡をした。気分転換をさせようと草野球や飲みの席に誘ったが、弟の返答は「ごめんね。また今度行く」だった。

 一時期、私は仕事で精神薬関係に携わっていた。薬を服用して30分ぐらいすると、脳に変調が起きてくることを自覚しており、抗うつ剤は最後の手段であると感じていた。副作用がキツく、悪循環から抜け出せなくなるのだ。

 週刊誌連載で数多くの基礎的な医療知識を学ばせてくれた、ある有名医師は、私にこう教えてくれた。

「精神安定剤とは、恐怖を感じないよう感受性を鈍くさせると同時に、仕事や日常のパフォーマンスを落とすことになります。気力が衰えて、最悪の場合は依存症にも陥る危険性すらあります。薬を服用する前に、カウンセリングで元気を取り戻すようにするのが基本的な治療法となります。少しでもいいから話をする、明るく楽しい時間をともにすることで、トラウマを少しずつ忘れさせるのです」

 抗うつ剤に原因がある気がして弟の家を訪ねた際、ダイニングテーブルに3~5種類の薬が置かれていた。「こういう薬だけは飲むな」と言ったが、眠れなくて苦しんでいる彼は服用を止めなかった。

関連記事