【1位】
モスライスバーガー焼肉
(モスバーガー 362円+税)

ご飯と具の相性 ●●●●●
食べやすさ ●●●●●
総合評価 ●●●●●

サニーレタスと焼肉のたれに付け込んだようなテイストの牛肉が挟まったライスバーガー。まさに片手で食べられるカルビ丼といった味わいは、他の追随を許さない完成度だ。スーパーなどで売られている冷凍食品に、この商品のコピー商品と思しきものが多数見られるのも、その圧倒的なできばえが食品業界のなかでも評価されているということなのかもしれない。

マクドナルド「ごはんバーガー」最速試食…ごはんてりやきは酸味の強いマヨネーズが余計かの画像10

マクドナルド「ごはんバーガー」最速試食…ごはんてりやきは酸味の強いマヨネーズが余計かの画像11
醤油ベースの和風ソースで、間違いのない美味しさ! 他の追随を許さない完成度だ。

モスバーガーは、ライスとの相性が練られており完成度が高い

 マックのごはんバーガーに関しては、「ハンバーガーのバンズをそのままライスに変えてみました!」という感が強く、ライスバーガーゆえの工夫というものがあまり感じられなかった。その点、モスのライスバーガーは、長くレギュラーメニューとしてラインナップされているだけあって、ライスとの相性がきちんと練られた商品に仕上がっている。

 マクドナルドの今回のごはんバーガーの販売期間は11月上旬までとのこと。マクドナルドにおかれましては、みたびごはんバーガーキャンペーンを敢行する際には、ぜひともそうした点にも配慮し、さらなる完成度の向上を目指していただきたいものである。

(文=編集部)

関連記事