飯塚幸三被告、高齢を理由に執行猶予の可能性…下津裁判長、公判で遺族の遺影持ち込み禁止の画像1
東京地方裁判所(GettyImagesより)

 東京・池袋で昨年4月、乗用車で母子を死亡させ9人に重軽傷を負わせたとして、自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)の罪に問われた旧通産省工業技術院の元院長、飯塚幸三被告(89)の初公判が8日、東京地裁で始まった。

 9日放送の情報番組『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)でも、同公判の内容を詳報。飯塚被告が、起訴内容について「アクセルペダルを踏み続けた記憶はありません。車に何らかの異常が発生し、暴走を止められなかった」と否認し、無罪を主張したことなどを取り上げた。

 同コーナーでは、有識者として交通事故に詳しい弁護士による「89歳という高齢を考慮し、執行猶予がつく可能性が高い」との見解も紹介され、MCの羽鳥慎一アナウンサーが「高齢だから事故を起こした可能性があるわけですけれど、高齢だから執行猶予が着く可能性があるって……」「なんなんだろうこれは」と困惑する姿が映し出された。この報道を受け、インターネットでは飯塚被告の厳罰を求める声が一斉に高まりつつある。

立川の高齢女性の暴走事故では実刑判決だったが……

 本当に飯塚被告が執行猶予になる可能性は高いのか。全国紙社会部記者は話す。

「池袋の事件は、よく2016年11月、立川市の国立病院機構災害医療センターの敷地内で車が暴走し、歩道を歩いていた八王子市の会社役員・安和竜洋さん(当時39)と小平市のパート従業員・市川妙子さん(当時35)がはねられて死亡した事故が引き合いに出されます。

 自動車運転処罰法違反(過失致死)の罪に問われた女性(当時85)に対し、東京高裁は18年10月31日の控訴審判決で、禁錮2年とした一審東京地裁立川支部判決を支持、被告側の控訴を棄却し実刑が確定しました。

 一審で弁護側は女性が高齢であることなどを指摘し、執行猶予を求めましたが、地裁立川支部は『85歳と高齢だが、認知機能の衰えに起因する事故ではない』とその主張を退けていました。ただこの事件では、事故発生時の女性の『責任能力』や『高齢による認知機能の有無』に焦点があたったこともあり、年齢そのものを情状酌量の要素とした事例ではありません。

 一方、飯塚被告の主張は『しっかりアクセルを離していた』などと、事故時はっきりとした認識があったと述べています。公判でもかくしゃくとしているように見えました。あくまで個人的な見方ですが、高齢による責任・認知能力が欠如しているようには見えません。司法が今回の件をどのように判断するのか注目されます」

関連記事