NEW
垣田達哉「もうダマされない」

国の「トリキの錬金術」防止で“狙い目”は食事券になる…家族や仲間で10万円分獲得も

文=垣田達哉/消費者問題研究所代表
【この記事のキーワード】

, ,

国の「トリキの錬金術」防止で狙い目は食事券になる…家族や仲間で10万円分獲得もの画像1
鳥貴族の店舗(「Wikipedia」より)

 農林水産省は「Go Toイートキャンペーン」の食事券事業とオンライン飲食予約事業(以下、オンライン予約)の給付金配分を、7日、人知れず変更していた。今までは、食事券、オンライン予約双方に767億円配分していたが、それが食事券は868億円と101億円増額の一方、オンライン予約は616億円と151億円減額された。その理由は「オンライン予約より食事券の利用が多くなると見込んだ」からである。

 そこに降ってわいたのが、「鳥貴族マラソン」とか「トリキの錬金術」と呼ばれる利用方法である。鳥貴族をオンライン予約(席だけ予約)し、訪問し1品だけ注文して会計を済ませ1000ポイント(1000円)を獲得するという。支払いは1品298円(税抜価格)だが、ポイントが1000円付くので、税込327円の支払いで673円儲かるというものだ。

 一方、飲食店側は予約が入ると夕食で1人当たり200円の送客手数料を支払わなければならないサイトもある。鳥貴族の場合の例だと、実質298円-200円=98円の売上にしかならない。

 こうした行為は「オンライン予約のルール違反ではないが、客のモラルが疑われる」「飲食店が可哀想だ」という意見が多かったので、国は「ランチ500円以上、夕食1000円以上」という下限を定めることになった。

 前回の記事で筆者は次のように述べた。

「こうした現状で、なんとかポイントを獲得しようとすると、大勢の仲間で利用できそうな飲食店をできるだけ多く予約するしかない。10人で10カ所の飲食店を1カ月のうち20日間申し込む。時間を変える手もある。そのうち、10回の予約が取れたとする。ポイント付与は、1回の予約で最大10人である。10人で予約し利用すると、合計1万円が予約者に付与される。10人それぞれが10カ所予約し利用すれば、仲間10人で10万円のポイントが獲得できる。毎週2~3回は飲み会をするような人たちには、こんなことも可能かもしれない」

 鳥貴族マラソンでは、これを客が1人でやっていたのだ。さすがに、このコロナ禍で10人での飲み会を頻繁に行う人たちは、ほとんどいないようだ。それだけ予約サイトを利用する人が少ないので、ポイント付与も思うように伸びていないのだろう。

 一方、食事券は第1次募集の33府県で、予定していた給付金の70%以上が給付されてしまった。第2次募集で委託された東京や神奈川など14都道県は、日本の人口のおよそ半分を占める。農水省は、オンライン予約の利用率が低いので、これ幸いと配分割合を変えたのだ。

関連記事